TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】二階級制覇の前田浩喜、長身スイッチファイター・ロベルトに屈しISKA王座に届かず

2020/02/16(日)UP

ロベルトがリーチを活かしたキックで圧力をかける

ニュージャパンキックボクシング連盟
『NJKF 2020 1st』
2020年2月16日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベントⅡ ISKAムエタイ インターコンチネンタル フェザー級王座決定戦 3分5R
●前田浩喜 (CORE/元NJKFスーパーバンタム級王者)
判定1-2 ※46-49、48-47、47-48
〇オリビア・ロベルト(イタリア/ISKAイタリア フェザー級8位)

 18年6月の試合を最後に負傷箇所の治療のためリングを離れた“ライトニングキッカー”前田が復帰。自身が望んだISKAムエタイのベルトを懸け、イタリアの長身(177㎝)ファイター・ロベルトと王座決定戦を行う。

 1R、上背で優るロベルトにしかし前田は左ローを優位に当てていく。蹴り合いで後れを取ったロベルトは重い音を立てて左ボディをめり込ませる。得意技の一つである後ろ回し蹴りも見せる前田だが、これはヒットしない。

前田の蹴りにロベルトがパンチで応戦

 前田は2Rもローを当てていくが、ロベルトは蹴り合いは分が悪いと見たかパンチ中心の組み立てで進める。左ボディから右フックと鋭く振るうが前田もクリーンヒットは与えない。

 ローを効かせていくかに見えた前田だが、長身で左右に構えを変えるロベルトの圧力で消耗してきたか、3Rからローの本数が減る。ロベルトは前田が蹴るとパンチを連打で返し、その後の追撃を封じる。3R終了時の採点はロベルトがリードして後半戦に入る。

 4R、ロベルトは左右にスイッチする戦法を変えず、前田の蹴りへのカウンター、あるいは蹴りを受けて即座のパンチリターンとリーチと長身の圧力を効かせていく。

 5R、前田は蹴りを出しても連打で下がらされ、三日月蹴り・後ろ回しといった蹴りも不発。判定となりジャッジは1者が48-47で前田を支持するも、2者は49-46、48-47といずれもロベルトを支持。ロベルトがイタリアへベルトを持ち帰った。

●編集部オススメ

・二階級制覇・前田浩喜が1年8ヶ月ぶりの復帰、ISKAインター王座をイタリア王者と争う

・健太の強さを支えるフルーツ健康法とは

・大田拓真が2020年初出撃、“NJKFの顔”目指し「KOを増やして有名になりたい」

・ラウンドガールユニット「PPP」誕生

・SB女王の女神とミネルヴァ女王sasoriが計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧