TOP > 試合結果 一覧

【RISE】ベイノア、多彩な蹴り技でHidekiの挑戦を退け初防衛に成功

2020/02/24(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

後ろ廻し蹴りをHideki(左)にヒットさせたベイノア(右)

RISEクリエーション
『RISE 137』
2020年2月23日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント 第10試合 RISEウェルター級(-67.5kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
〇“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/RISEウェルター級王者)
判定3-0 ※49-47、50-47、50-47
●Hideki(team gloria/同級1位/挑戦者)
※ベイノアが初防衛に成功

 2018年11月に渡部太基を下してRISEウェルター級王者に輝いたベイノアが初防衛戦を迎えた。昨年は3月にタップロン・ハーデスワークアウトに衝撃の1RKO負けを喫したが、7月に喜入衆を倒し再起。9月にタップロンからダウンを奪う判定勝ちでリベンジするも、12月にはシュートボクシングの海人と5R戦い判定負けを喫している。

 対するHidekiは2017年1月、RISEスーパーライト級タイトルマッチに挑む当日に、インフルエンザ発症によるドクターストップという前代未聞のトラブルで欠場し、無期限のRISE公式戦出場停止処分を受けた悲運の男。昨年9月にRISE復帰戦を行うと、ウェルター級次期挑戦者決定戦で中島将志を破って今回の挑戦権を手にした。

 1R、左インロー、右ローをこつこつ当てるベイノアに、Hidekiは右アッパー、左ストレート。ベイノアはパンチで出るが深追いしない。

 2Rも右ローを当てるべイノアは回転蹴りを見せる。距離を詰めるHidekiは左右フックで襲い掛かるが、ベイノアもパンチを返して大きな差はない。

 3R、ベイノアの右ローでHidekiの動きが止まる中、4Rも右ロー集中打。Hidekiはなかなか前に出られないが強打を返す。5Rには、ベイノアがまるで極真の試合かのように、接近戦で左ロー、ヒザ。足が止まるHidekiはパンチを返すが、足を効かされており、強打を打ち返せない。手数の止まらないベイノアが最後まで手数を出して判定勝ち。

 初防衛に成功したベイノアは「大きなことは言えませんが、僕の中では何としても負けられませんでした。今年は全勝して大きな野望があります。2020年の最後の日にやりたいことがあるので、そこまで突っ走ります」といい、4月の大阪大会参戦もアピールした。

▶︎次のページはセミの山田洸誓vs中野椋太

●編集部オススメ

・ベイノアが初防衛戦「負けたらただのアフロ」Hideki「ベルト獲りONEでリベンジ」

・那須川天心が4.12大阪大会に参戦、果たして相手はいる?※動画あり

・【ベストファイター】原口健飛が大金星連続の理由「人生、背水の陣」

・4.12 “西の神童”石井一成がRISE初参戦、関西の“人獣”中村寛が復帰戦に挑む

・“8頭身JKファイター”AKARIが満を持してTwitterを開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧