TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】“関西ジュニア最強”伊藤千飛が那須川弟・龍心との再戦も制す

2020/07/31(金)UP

伊藤(左)が那須川(右)との再戦も制した

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 44』

2020年 7月26日(日) 泉大津市・テクスピア大阪
※同日夜に行われた『DEEP☆KICK 45』と観客入れかえの二部構成として開催 

▼特別試合 NEXT☆LEVEL提供試合 -48kg契約 1分30秒3R(アマ)※首相撲なし
○伊藤千飛(真門伊藤道場)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●那須川龍心(TEPPEN GYM)

龍心のセコンドにつく兄の那須川天心(右端)

 伊藤と龍心は2019年11月に行われた『DEEP☆KICK 41』で初対決。東西ジュニア最強対決と銘打たれた一戦は、伊藤が3-0の判定勝ちを収めた。それから8カ月、アマチュアとは思えない注目度の高さから早くも再戦が組まれた。

 雪辱に燃える龍心は、右ローやハイなど蹴り主体の攻めを見せる。一方の伊藤は中学生離れした鋭い左ストレートやボディフックで対抗する。

パンチを繰り出す伊藤

 中学卒業後は兄・天心同様プロの道に進もうとしている龍心は、前回と比べ成長しているように思われたが、成長のスピードは伊藤の方が上だった。相手の動きを見て放った右ストレートで龍心をグラつかせたかと思えば、客席からどよめきが起こるようなボディフックで一気に仕留めにかかる。

 負けじと龍心が反撃を試みるも柔軟なウィービングやヘッドスリップでかわし、東京から乗り込んできた龍心を返り討ち、2度目の対決も伊藤に軍配が上がった。

伊藤の激しいパンチが龍心にヒット

 今回の再戦に関し伊藤は「ジャブのフェイントとか僕も何回か引っかかっていたので、 那須川選手は強くなっていたと思う。でも、前回より相手のパンチが見えたので、ラッキーだと思いましたね」 5歳からフルコンタクト空手を始めた伊藤、どこまで強くなるのか。

▶次ページは一樹vsHΛLの-53kg挑戦者決定トーナメント準決勝、佐藤亮vs竹内皇貴

●編集部オススメ

・那須川弟・龍心vs伊藤千飛の”東西最強ジュニア”再戦が大トリに=7.26昼の部・試合順決定

・『有吉ゼミ』でも放送された、前回の那須川龍心vs伊藤千飛の試合

・『100日後に那須川天心』がついに完結、ラストはあの”スゴ技”(動画あり)

・まるで体操選手! 那須川天心の父・弘幸氏が、脅威の身体能力を披露(動画あり)

・【フィットネス】夏の筋肉イベントに新日の棚橋弘至、日本一”ビキニ女王”も出演決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧