TOP > 試合結果 一覧

【RISE】大﨑一貴、田丸辰に完勝で王座戴冠、前口太尊は壮絶殴り合いを制す

2020/09/04(金)UP

強烈なパンチを打ち込んでいく大﨑、新王者となった

RISEクリエーション
『RISE 142』
2020年9月4日(金)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合)RISEスーパーフライ級(-53kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
●田丸 辰(TRY HARD GYM/王者)
判定0-3 ※47-49、47-49、47-50
◯大﨑一貴(OISHI GYM/同級1位、初代WMC日本フライ級王者、LPNJフライ級王者/挑戦者)
※大﨑が新王座に就く。

左ストレートを伸ばしていく田丸(左)

 田丸は、絶妙なカウンターテクニックや多彩な打撃を武器に、2017年9月にプロデビューすると、18年に16歳にして、RISEスーパーフライ級の初代王座を獲得。19年5月には関西のテクニシャン・政所仁とカウンターの攻防で制して、初防衛に成功した。

 しかし、昨年9月にRISEバンタム級王者・鈴木真彦とノンタイトル戦でRISE王者対決を行い延長戦の末に初黒星。その後、所属ジムを変えて7カ月ぶりの再起戦に臨んだ今年7月のMASAKING戦では、判定勝利で復活をアピールした。今回が2度目の防衛戦だ。

 対する大﨑は、初代WMC(世界ムエタイ評議会)日本フライ級王者や、LPNJ(ルンピニージャパン)フライ級王者を獲得するなどフライ級界隈では日本トップの実力を誇り、今年2月後楽園大会で、RISE初参戦で風音からパンチで2度のダウンを奪い勝利。今年7月には田丸の初防衛戦の相手となった政所仁を延長戦の末に判定で下し、田丸への挑戦権を勝ち取った。

 1R、田丸はサウスポーで、いきなり左ハイキックを放ち、ワンツーを伸ばしていく。大﨑は鋭い右ローを放つ。大﨑は、柔らかい動きで中に入り込んでいき、右フックをコンパクトに叩き込む。田丸は左のボディストレートで応戦する。大﨑の右ストレート、田丸の右フックが交錯し、緊張感のある立ち上がりとなった。

 2R、圧力をかけて前進する大﨑に、田丸がワンツーを狙っていく。大﨑は、じりじりプレッシャーをかけて、遂にロープに詰めると、離れ際に左フックをカウンターでヒットさせ、ダウンを奪取。立ち上がった田丸は落ち着いて、左ローを走らせる。

 3R、勢いに乗る大﨑が前進して、強烈な右ローやミドルを蹴り込んでいく。田丸は、左ローからストレートのコンビネーションで対抗するが、大﨑の圧力に押され気味。大﨑は、右ストレートとフックでペースを掴む。

 4R、田丸がフットワークを使いながら、コンパクトなパンチを積極的に出していくが、大﨑は構わず、右ミドルとローを強打し、ローで田丸をこかせる。田丸は反撃のチャンスを伺うが、大﨑はしっかりガードを上げて蹴りを放ってくるため、自身の攻撃でダメージを与えることができない。

 5R、田丸は、左右のフックから左ストレートと攻撃を伸ばしていき、ペースを掴みにいくが、大﨑の強烈な右フックを貰い、流れを引き戻すことができない。大﨑は、終盤まで右ロー、ミドルを淡々と放っていき、コーナーに詰めるとパンチを見舞う。最後まで、手数を落とさず、重い打撃でアグレッシブに攻めた大﨑が判定勝利。念願の王座を掴み取った。

 王者となった大﨑は、「前回の政所選手との内容が良くなくて、このままでは田丸選手に勝つのは難しいと思ったけど、沢山の仲間や先生に練習を見てもらって、勝ててすごく嬉しいです」と喜びを口にする。また、第6試合でKO勝利した、実弟の孔稀の勝利のおかげで「辛いところでも踏ん張ることができた」と明かし、「RISEのチャンピオンらしく、練習して勝ち続けていきたい」と力強く意気込んだ。

弟・孔稀と写真に収まった、大﨑一貴(左)

 試合後、田丸に勝利した作戦について「前に下がらずプレッシャーかけて、(自身のパンチは)避けられるのは分かってたので、避けられた後に(更に詰めて)攻撃を当てていくこと。ロー、ボディで削っていく予定でした」と語る。その作戦通りに、大﨑の強烈な右ローに田丸はバランスを崩したシーンも見受けられた。

 田丸のディフェンス能力が高いため「今回は当たらないということで、半分パンチは捨てていたけど、いいタイミングで当てることが出来て、ダウン取れたのは自分でもびっくりしました」と予想外のダウン奪取であったとも語った。王者となった大﨑が、今後の試合でどのような活躍を見せてくれるか注目だ。

●編集部オススメ

・【RISE】J-GIRLS王者・浅井春香、計量パスで「元気いっぱい!」“破壊姫”との一戦へ=9.4よる決戦

・【RISE】18歳王者・田丸辰、ムエタイ王者・大﨑一貴に対し余裕のV2宣言=9.4後楽園

・【RISE】田丸辰がスピードでMASAKINGを寄せ付けず勝利「これからは倒せる選手になる」

・【RISE】森本“狂犬”と前口太尊、ファイトスタイル認め合うも揃って「ブっ倒す」

・相撲界初の本場所まで密着したドキュメンタリー映画が公開決定(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧