TOP > 試合結果 一覧

【ホーストカップ】”アーツ弟子”内田雄大がアクセル王者・岡崎にローキックでTKO勝ち、滉大がSフライ級ベルト防衛(動画あり)

2020/10/23(金)UP

“日本人キラー”マキ・ピンサヤームが判定勝利

▼第4試合EXルール60kg契約3分3R(延長1R)
〇マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI/ムエタイ元ルンピニースタジアム2冠王)
判定2-0 ※29-29、29-28、30-28
●久井淳平(多田ジム/JAPANKICKINNOVATIONスーパーフェザー級王者)

ハイキックをヒットさせるマキ・ピンサヤーム

“日本人キラー”元ムエタイ2冠王、マキ・ピンサヤームが復帰2戦目にJAPAN KICK INNOVATION王者の久井と対戦。リングで向かい合うと両者の身長差が歴然、サウスポーの長身王者久井をムエタイテクニシャンがどう技術を見せるか。

 開始早々、久井が試合前から予告していたように長身を利した前足の前蹴り、ジャブでけん制しピンサヤームは距離を測るようにじわじわ詰めてロー、ミドルでけん制。久井はスイッチしながらカーフキックを多用しピンサヤームの足を殺そうとする。下がりながら攻撃をしかける久井に入りにくいピンサヤームだが、蹴りに右ストレートをクリーンヒットしぐらつかせる。なお警戒し下がりながらのジャブとカーフキックを徹底する久井。

久井の前蹴りがピンサヤームの顔面を襲う

 2R、次第に距離を詰め始めるピンサヤームがローから左フック、くっつくと肘を叩き込み、崩しまでつなぎゲームプランを進める。ピンサヤームの攻撃の合間に久井もジャブ、カーフキック、前蹴りでふんばり決定打を逃れる。何度か右ストレートの強打をクリーンヒットし2R終了。

 3R開始早々、久井も意を決したように打ち合いに応じ激しい攻防が続く。クリンチになると元ムエタイ王者に分があり、久井がこかされる。

 途中、膝の攻防の中でピンサヤームのヒザが久井の股間に入りタイムストップ、状態を見て再開、ピンサヤームが前に出ず距離をとりカウンターに徹する。単発のラリーは元ムエタイ王者に分があり、ポイントを重ねるようにしてタイムアップ。2-0の判定によりピンサヤームの勝利。久井も下馬評を覆し大健闘し評価を上げる一戦となった。久井のカーフキックでピンサヤームの足が腫れていた。


▼第3試合EXルール52kg契約3分3R(延長1R)  
●タネ♡ヨシキ(直心会/JAPANKICKINNOVATIONフライ級5位)
TKO 3R 28秒 ※バックハンドブロー:深刻なダウンによりレフェリーストップ
〇則武知宏(テツジム/NKBバンタム級5位)

▼第2試合59kg契約3分3R
-Rai(888GYM) 
ドロー ※30-29,29-29,29-29
-上野コウキ(直心会)

▼第1試合58kg契約3分3R
〇勝村翔平(MaynishKickBoxing)
KO 1R 2分2秒
●聡一郎(teamK)

▶次ページは同日昼に行われたDAYFIGHT結果、メイン匡志YAMATOvs剛王

●編集部オススメ

・ヘビー級王者・内田雄大、師匠・アーツ直伝の精神力で王座死守誓う

・“アーツ弟子”内田雄大とアクセル岡崎章太のヘビー級王者対決が決定=10.18大阪

・【NJKF】国崇がスウェーデンからの刺客を撃破、ピーター・アーツ娘も勝利

・【PETER AERTS SPIRIT】ピーター・アーツ息子が父譲りの右ストレートでTKO勝ち

・アーツ、ホースト、武蔵に加え初登場のセフォー「人生で最高の日」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧