TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】エース海人が貫禄の衝撃KOで大晦日参戦をアピール、笠原友希と未奈が王座戴冠

2020/11/28(土)UP

海人がこのハイキックで喜多村を劇的KO

一般社団法人シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2020 act.2』
2020年11月28日(土)東京・後楽園ホール

▼第7試合 70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジあり
○海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)
TKO 3R0分14秒 ※右ハイキック
●喜多村 誠(ホライズン・キックボクシングジム/第4代新日本キックボクシング協会ミドル級王者)

海人は鋭いヒジを振るう

 海人は押しも押されぬシュートボクシングの絶対的エース。国内外の強豪と積極的に拳を合わせてきた。今年8月のRIZINで自身の階級より5kg以上重い契約体重で元MMA王者ロクク・ダリに判定勝ち、10月11日のRISEでは70kg契約で緑川創に2-0の僅差判定勝利と、70kg超級を主戦場としている。

 対する喜多村は、新日本キックボクシング協会のミドル級トップ戦線で長らく活躍していた元王者。空手をベースとし、アグレッシブなファイトスタイルでこれまでにT-98、喜入衆ら他団体王者クラスの選手を破っており、70kg級のヒジ打ちありのムエタイ路線のトップファイターだ。

海人のヒジで喜多村は左目下をカット

 1R、喜多村の入り際にタイミングよく右ロー、右カーフキックを合わせる海人。喜多村は前進に前蹴り、軸足へのローを合わせられ、何度もバランスを崩す。喜多村は距離を取ると蹴りを上下に蹴り分け牽制。いったん距離を詰めれば、両者とも遠慮のないヒジを打ち合い緊迫感を高める。

 2R、海人のカーフが効いたか、喜多村の奥足が滑り始める。喜多村は1Rに続き蹴り技を軸に攻撃を組み立て前進。海人はガードを堅め、打ち終わりに合わせて長い右ストレートを返す。ラウンド終盤、喜多村の入り際に合わせて海人が縦ヒジ。頭を下げた喜多村へ右のヒザ連打を突き上げる。後退した喜多村はコーナーに詰められると、海人の左ボディから右ヒジを叩きつけられ、左目下をカットする。

海人は「大晦日待ってます」とRIZIN参戦をアピール

 3R、前進する喜多村を前蹴りで突き放す海人。距離が離れたところで放った喜多村の右ストレートにあわせ、海人が右ハイキック一閃。クリーンヒットされた喜多村は崩れ落ちるようにダウンし、ダメージ甚大とみたレフェリーは即座に試合をストップ。海人がホームリングで会心のKO勝利を見せた。

 エンディングのマイクを任された海人は「SBのリングでみなさんに挨拶できるのがうれしい」と、今年2月以来のホームリングに喜びの声を見せた。そして「今年もう一戦できると思っています。去年は決まりそうで決まりませんでした。今年大晦日、待ってます」と、年末大晦日のRIZIN参戦を訴え大会を締めくくった。

▶次ページは、笠原友希のフェザー級タイトルマッチ

●編集部オススメ

・海人が計量パス、三度の70kg挑戦に「全部突き破って勝つ」対する喜多村はパワー勝負宣言

・フルボッコ美女・未奈が計量パス、王座戦に「SB全て使って勝つ」

・【ボクシング】タイソンvsジョーンズほか全対戦カード決定、異色の対戦も=11.29

・【シュートボクシング】RENAがライブ配信に実況解説で出演決定=11.28

・”ツヨカワ女王”RENA、引退後は「居酒屋さんとかやりたい、酔わせるよ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧