TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】大谷翔司が王者・バズーカ巧樹に勝利、松倉信太郎の狙い澄ましたヒザ蹴り炸裂、超新星・龍聖がまたも秒殺KO!

2020/12/07(月)UP

飛びヒザを放つ龍聖

▼第3試合 57.5kg契約 BLACKルール(ヒジ無し)
◯龍聖(TRY HARD GYM)
KO 1R 51秒 ※右ハイキック
●光太朗ZLS(チームゼロス)

 龍聖はHIROYA率いるTRY HARD GYM期待のホープ。目下5戦5勝5KO(不戦勝を入れると6戦6勝)と破竹の勢いを見せる。前回の8月のレベルスでは、千羽裕樹と対戦し、圧巻の1R KO勝利。絶大なインパクトを残した。

 対する光太朗は東北地方で展開されている聖域(サンクチュアリ)統一フェザー級王者の肩書きを持ち、これがREBELS初参戦。新潟県柏崎市から乗り込んでくる。

 1R、光太朗の前進に対して、龍聖が序盤から左ボディフックからのハイキックのコンビネーションで圧倒する。

 光太朗が右ローを放つが、龍聖が左ハイキックから右の飛びヒザを突き上げると、早くも光太朗は右目のあたりから出血する。さらに、龍聖がパンチから左ハイ、左フックから右ハイをクリーンヒットさせると、この右ハイで光太朗がバッタリと倒れてダウン。光太朗は起き上がることが出来ず、龍聖が電光石火で他団体王者を沈めた。

 これでデビュー6連続KO勝利。今回、衝撃的なKOで絶大なインパクトを残した龍聖は「東北から来て、試合してくれた光太朗選手に感謝しています。今年最後になるんですけど、キック界には今スターが2人いると思いますけど、自分が3人目になると思ってるので期待しててください」とアピールした。

●編集部オススメ

・【レベルス】女子大生ファイター・山上都乃が計量パス、ERIKOとのパンチ勝負を予告=12.6夜

・【レベルス】バズーカ巧樹が大谷翔司を突き飛ばし一触即発、昼夜大会の全選手が計量パス=12.6後楽園

・【12.6夜】計量パスの松倉信太郎「キレイに倒すのが理想」鍵はT-98の首相撲対策か

・川島えりさが12.6再デビュー戦へ計量パス「思いきりぶつかる」と熱戦誓う

・元陸上自衛隊・大谷翔司「修羅場の経験なら負けない」=12.6夜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧