TOP > 試合結果 一覧

【K-1】安保瑠輝也が元アウトサイダー王者・啓之輔、元新日レスラー北村克哉にKO勝利も、ホスト2人にはまさかのドロー

2020/12/13(日)UP

■体重差もなんのその、安保が元プロレスラー・北村に1RKO勝利

このジャブでとどめを刺した安保

▼第2バウト
○安保瑠輝也
KO 1R
●北村克哉

 第二試合は、元プロレスラーのボディビルダー・北村克哉(34)だ。

 北村はレスリングで2006年全日本選抜フリースタイル120kg級を制し、同年の世界選手権に日本代表として出場。その後はグレコローマンスタイルに転向し、2008~2010年全日本選手権を3連覇し、世界選手権にも2度出場するなど輝かしい実績を残す。

 その後はプロレスラーとして活躍し、現在はIFBBプロボディビルダーを目指し活躍している。身長180cmで体重120kg、ベンチプレスは240kgをあげる猛者だ。
 格闘技戦では15年の異種格闘技イベント『巌流島』に出場し、モンゴル力士にパンチ連打で圧勝している。

北村のベンチ240kgパンチは振るわず

 1R、前蹴りを出し、圧力をかける北村。前進しパンチを振る北村に、左右にステップしかわす安保。スキを見て中に入ると、安保はつかんでのヒザ。北村の右もかする。

 1分が過ぎると、北村は疲れてきたのか前進をやめる。すると安保も足を止め、ジャブからのフックをヒットさせる。詰めてはパンチコンビネーションを入れる安保に、北村は防戦一方。安保の左フックがクリーンヒットすると、北村は倒れた。

 立ち上がった北村のジャブに合わせて、安保のジャブがカウンターで入る。北村は仰向けにひっくり返り、安保の1RKO勝利となった。

▶次ページは、安保瑠輝也vs武闘派ホストコンビ

●編集部オススメ

・木村ミノル、ダウン奪い返して血染めの決戦制し、メイウェザー戦をアピール(動画あり)=本日のK-1

・安保瑠輝也に、元アウトサイダー王者・吉永啓之輔が挑発「トップじゃないでしょ、もう、自分と変わらない」

・芦澤竜誠がKO勝利で復活、倒し倒されのド突き合い制する(動画あり)

・【K-1】武尊、卜部功也らが次々と京太郎の“悪事”を暴露「もうジャイアンにしか見えない」

・王者・武居由樹がボクシング転向を発表、井上尚弥と同じジムで世界目指す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧