TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】元王者・村山暁洋が連勝の菊入に判定V、前田日明“推薦”のRyoが秒殺ギロチン勝利

2020/12/14(月)UP

▼セミファイナル ライト級5分3R
●冨樫健一郎(パラエストラ広島/同級1位)
判定1-2 ※29-28、27-30、28-29
○金田一孝介(K-PLACE)

 冨樫はボクシングテクニックと、柔術黒帯の寝技を持つオールラウンドファイター。中でも三角絞めとスリーパーを得意とし、一本勝ちも多い。昨年9月に林源平と対戦し判定負けした。

 金田一は2009年6月に修斗でプロデビュー。2018年7月のパンクラス参戦以降の3戦を含め5連勝と勢いに乗るが、2018年11月の松岡嵩志戦以降、2年ぶりの復帰でセミファイナル登場となる。

 1R、サウスポーの富樫、オーソドックスの金田一。金田一が右ストレートからダブルレッグでテイクダウン成功。スタンド打撃の展開、トリッキーな動きを制する様に、冨樫のパンチのカウンターがヒットする。ジャッジは2者が金田一を、1者が富樫を支持。

 2R、トリッキーな動きの金田一はボディ、前蹴り、フックを不規則なコンビネーションで繰り出す。冨樫の左がクリーンヒット。金田一が右のショートストレート。さらに右ハイキックからダブルレッグ。しかし、冨樫に切られる。強烈なプレッシャーをかけ、左ストレートを当てていく冨樫。踏み込んで右のボディを当てる金田一。金田一が2度、ダブルレッグでテイクダウンを仕掛けるが、全て冨樫が切る。2者が富樫を、1者が金田一を支持。

 3R、飛び込みテイクダウンを決めた金田一。すぐに立たれるも、テイクダウンの際に冨樫が出血。金田一が2度目のダブルレッグからのテイクダウン。上からパウンドを落とす。

 結果は判定2-1で金田一が勝利。天才肌の金田一が2年ぶりの復帰戦でランキング1位の冨樫に勝利した。

▶︎次ページは、「上田将竜vs杉山廣平」

●編集部オススメ

・【パンクラス】前田日明の愛弟子・Ryoが、元リングス山本喧一主宰の『PFC』王者と対決

・【UFC】マクレガーがまさかのカポエイラ技を披露、1.23に“新技”でるか

・ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利、“流行”の課題も

・【ボクシング】YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

・【K-1】安保瑠輝也が啓之輔、北村克哉にKO勝利も、ホスト2人にはまさかのドロー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧