TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】元王者・村山暁洋が連勝の菊入に判定V、前田日明“推薦”のRyoが秒殺ギロチン勝利

2020/12/14(月)UP

パンクラス
『PANCRASE 320』
2020年12月13日(日)東京・新木場スタジオコースト

▼メインイベント ウェルター級5分3R
○村山暁洋(GUTSMAN/同級3位/第9代同級王者)
判定3-0 ※29-28×3
●菊入正行(NEVER QUIT/同級4位)

 村山は今年40歳を迎えたベテランファイターで、2016年3月にウェルター級キング・オブ・パンクラス王座を獲得している。今年2月には元無差別・ライトヘビー・ミドル級キングオブパンクラシストであるレジェンドファイター近藤有己に判定勝利を収めた。現在は東京・早稲田に総合格闘技「暁道場」をオープンし、館長も務めている。

 対する菊入は2017年4月のプロデビューから4連勝を飾り、うち3勝をフィニッシュ(2KO・1S)という高いフィニッシュ力を武器に快進撃を見せた。怪我を経て今年7月、約1年ぶりの試合で1階級上のウェルター級に転向し中村勇太にTKO勝利、9月には高木健太に判定勝利を収めた。

 1R、両者オーソドックス。ステップインしながら左ジャブとローを放つ菊入。村山が組みつき、シングルレッグから大内刈りでテイクダウンに成功。ケージ際、村山がトップからパウンドを落とす。ジャッジ3名ともに10ー9で村山を支持。

 2R、組んでテイクダウンを狙う村山に対し、菊入は2度も切り続ける。村山のテイクダウンを切り続け、打撃を多く当てた菊入にジャッジが3名10-9で支持。

 3R、村山がダブルレッグでテイクダウン。菊入は立つが、村山が大外刈で再びテイクダウン。マウントからバックへ回りリアネイキドチョークを狙った。終盤、村山が残りのスタミナを使い果たすかのように、殴り合いに応じ、見せ場を作った。

 終始、ベテランの老獪さと、テイクダウンからの攻めを見せた村山が判定29-28×3で勝利した。

▶︎次ページは、セミファイナルの「冨樫健一郎vs金田一孝介」

●編集部オススメ

・【パンクラス】前田日明の愛弟子・Ryoが、元リングス山本喧一主宰の『PFC』王者と対決

・【UFC】マクレガーがまさかのカポエイラ技を披露、1.23に“新技”でるか

・ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利、“流行”の課題も

・【ボクシング】YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

・【K-1】安保瑠輝也が啓之輔、北村克哉にKO勝利も、ホスト2人にはまさかのドロー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧