TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】元王者・村山暁洋が連勝の菊入に判定V、前田日明“推薦”のRyoが秒殺ギロチン勝利

2020/12/14(月)UP

▼第9試合 フライ級 5分3R
○上田将竜(緒方道場/同級5位)
判定2-1 ※29-28×2、28-29
●杉山廣平(SPLASH/同級8位)

 上田は2013年の『パンクラス・ネオブラッド・トーナメント(NBT)』(新人王戦)スーパーフライ級優勝者。デビュー後5戦無敗で、元修斗世界1位のオニボウズにも14年に1Rで一本勝ちしている。昨年7月のフライ級暫定王座決定戦に出場するも、翔兵に2R TKO負け。同12月に神酒龍一に判定で敗れ、2連敗中。
 対する杉山は今年7月に有川直毅から一本勝ちを収めるなど3連勝と勢いに乗っている。現在、ランキング8位。

 1R、上田がダブルレッグでテイクダウン成功。ケージ際で立たれるが、ボディロックから再びテイクダウン。上田のニンジャチョークが極まりかかるが、失敗。終盤、杉山がケージ際でテイクダウン。杉山が肩固めを狙うが、タイムアップで決まらず。ジャッジ3者が上田を支持。

 2R、お互いテイクダウン狙いの組み合いとケージレスリングの展開。上田がボディロックからテイクダウン。上田がバックに回るが、杉山が振り落としパウンド。ジャッジ1名が上田を、1名が杉山を支持。

 3R、右ハイの上田。ケージに押し込む杉山に上田が腕を取りにいく。フロントチョークを狙う上田。グラウンドの攻防でマウントをとった杉山。スタンドに戻ってパンチの交差かと思われた瞬間、上田がダブルレッグでテイクダウン。お互いトップを取り合う攻防の中でタイムアップ。結局、判定は2-1でベテランの上田が勝利。上田は連敗を2でストップ。杉山は連勝が3で止まった。

▶︎次ページは、「八田亮vs尾崎龍紀」 

●編集部オススメ

・【パンクラス】前田日明の愛弟子・Ryoが、元リングス山本喧一主宰の『PFC』王者と対決

・【UFC】マクレガーがまさかのカポエイラ技を披露、1.23に“新技”でるか

・ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利、“流行”の課題も

・【ボクシング】YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

・【K-1】安保瑠輝也が啓之輔、北村克哉にKO勝利も、ホスト2人にはまさかのドロー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧