TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】元王者・村山暁洋が連勝の菊入に判定V、前田日明“推薦”のRyoが秒殺ギロチン勝利

2020/12/14(月)UP

▼第7試合 フェザー級(5分3R)
○Ryo(RINGS/第3代THE OUTSIDER70-75kg王者)
一本勝ち 1R 1分12秒 ※ギロチンチョーク
●林優作(ZOOMER/初代PFCフェザー級王者)

 Ryoは前田日明が代表を務めるアウトサイダーを主戦場にした強豪。16年3月大会で当時アウトサイダー 65-70kg王者の朝倉未来と対戦。2Rにギロチンチョークを仕掛けた際、朝倉の反応がないことから、主催者のタオル投入によりTKO勝利を収めた。しかし試合後、その判断に納得がいかなかったRyoからの申し出によりノーコンテストとなった。
 それから約4年後の今年10月、前田の推薦で10月大会でデビューし、30戦以上の戦績を持つベテランの滝田J太郎に勝利した。

 対する林はGLADIATORなどで実績を積み、昨年9月『PFC』初代フェザー級王座に。パンクラスには今年9月に初参戦し、判定勝利を収めている。『PFC』はかつて前田が主宰する『リングス』にも参戦した山本喧一が主宰する、北海道の格闘技イベント。「代理戦争」となったこの試合の勝者はどちらに?

 1R、左右の連打で仕掛けるRyo。強いプレッシャーからダブルレッグでテイクダウンに成功。強い組みからギロチンチョーク!わずか72秒の秒殺劇!推薦する前田が拍手で喜ぶ姿が。

 勝利に号泣するRyoは勝利者インタビューで「前田さんがいたから強くなった。俺と前田さんとパンクラスを見てください。(前田へ)これからも宜しくお願いします!」と感謝の気持ちを述べた。

▶︎次ページは、「東陽子 vs 直DATE」と第1〜5試合結果

●編集部オススメ

・【パンクラス】前田日明の愛弟子・Ryoが、元リングス山本喧一主宰の『PFC』王者と対決

・【UFC】マクレガーがまさかのカポエイラ技を披露、1.23に“新技”でるか

・ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利、“流行”の課題も

・【ボクシング】YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

・【K-1】安保瑠輝也が啓之輔、北村克哉にKO勝利も、ホスト2人にはまさかのドロー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧