TOP > 試合結果 一覧

【GLORY】右オーバーハンドで戦慄の一撃KO!世界王者ドゥンべがV3「オレ様が最強だ、誰とでも戦う」

2021/02/01(月)UP

因縁に対決を制し、3度目の王座防衛に成功したドゥンべ©️GLORY

Glory Sports International Pte LTD.
『GLORY 77』
2021131日(日・日本時間)、オランダ・アムステルダム

▼ウェルター級(-77kg)タイトルマッチ
○セドリック・ドゥンベ(フランス/王者)
KO 2R2分52秒 ※右オーバーハンド
●ムルテル・グローエンハート(オランダ/暫定王者)
※ドゥンベが3度目の防衛に成功

グローエンハート(左)に右ストレートを放つドゥンべ(右)©️GLORY

 74戦で42KO勝利とウェルター級離れしたハードパンチャーの王者ドゥンべが、因縁相手のグローエンハートと3度目の対決に挑む。
 両者は過去1勝1敗の対戦成績で、3度目の決着戦を19年10月にタイトル戦として行う予定だったが、王者のドゥンべが負傷欠場した為、グローエンハートが代役のトロイ・ジョーンズと対戦。暫定王座戦となった試合で、グローエンハートがKO勝利を飾り、暫定王者のベルトを手にした。
 昨年に仕切り直しのマッチメイクが組まれるも、これもコロナ禍の影響で大会が延期。今回ようやく、二人の因縁に終止符が打たれる。

 1R、グローエンハートがアッパー気味の左フックから右ローとオランダ式の対角線の攻撃にドゥンべがワンツーで返し、右のオーバハンドがグローエンハートの顔を跳ね上げる。
 グローエンハートをロープに釘付けにし、上下を打ち分けながら連打するドゥンべ。さらには、左のボディを打ち続け、グローエンハートを削っていく。

グローエンハート(左)も反撃(右)©️GLORY

 2R、ドゥンべが左のボディショットから、動きの止まったグローエンハートに右のオーバーハンド!グローエンハートは堪らずダウン。カウント8で立ち上がる。ドゥンべの連打を打たれ続け、グローエンハートは棒立ち状態。
 反撃したいグローエンハートは連打から飛びヒザ蹴りを放つも、勢い余ってリング外に転落。
 リングに戻って試合再開となったが、ドゥンべの狙いすました右オーバハンドがヒット、グローエンハートは崩れ落ちる様にダウン。立ち上がるものの、カウント10秒以内にファイティングポーズを取れず、ドゥンべのKO勝利となった。

 因縁の対決を制し、3度目の王座防衛に成功したドゥンべは、勝利者インタビューで「試合前から相手をKOするって前から言ってたけど、その通りになったね。オレ様が最強だ。誰でも戦う。準備されたら誰とでも戦うさ」と、自身を“ウェルター級世界最強”だと吠えた。

▶︎次ページ(動画あり)は、ドゥンべの強烈な右オーバーハンド!戦慄の一撃KOシーン

●編集部オススメ

・【GLORY】“ピーター・アーツ2世”ヴァーホーベンがTKOでヘビー級T優勝

・【GLORY】3大タイトル戦&ヘビー級T開催、計量パスで体重120kg巨漢王者ヴァーホーベン「これは私のトーナメント、激闘を見せる」

・【GLORY】コロナ復帰の元K-1王者“悪童”バダ・ハリが悔しい逆転KO負け、鼻を2箇所骨折

・全米人気の素手ボクシング大会が衝撃KOトップ10を公開、“カメラ返り血”や“史上最短3秒”KOも

・【ONE】何かが飛んだ82秒衝撃KO、スター選手ら「これは爆弾だ」「サイも眠らせるパンチ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧