TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】注目の超新星タッカーが衝撃KO、相手はゆっくり沈み悶絶、立ち上がれず

2021/02/14(日)UP

強烈なボディブローを放つタッカー(右)(トップランク社の公式SNSより)

 2021年2月14日(日・日本時間)米カリフォルニア州ラスベガスにて開催された『リチャード・カミーvs ジャクソン・マリネス』の前座カードにて、注目の新鋭ジャハイ・タッカー(18=米国)が第2ラウンド1分50秒にKO勝利を飾った。

 ニューヨーク州ロングアイランドのディアパーク地区出身のタッカーはアマチュアボクシングで活躍し、2024年のパリ五輪のメダル獲得に期待が寄せられていたが、トップランクのスカウトから、プロ転向に踏み切った。高校3年生となった昨年9月にプロデビューし1R KO勝利を収めた。

 プロ戦目となる今回の対戦相手は同じくプロ3戦目のエリック・ロドリゲス(29=米国)。2R、タッカーがロングレンジから強烈な左ボディを当てると、脇腹にモロに被弾したロドリゲスはゆっくりマットに沈み込んで悶絶。カウント10以内に立ち上がることができず、レフリーが試合を止めた。

 公開されたKO映像には「きれいに決まったね」「私の大好きな逸材だ」「どんなにアルコール度数が高いお酒よりもこの一撃の方が、レバー(肝臓)にダメージを与えるね」と、多くの称賛コメントが寄せられている。

▶︎次ページ(動画あり)は、注目の新鋭タッカーの衝撃的なボディブローKO!

●編集部オススメ

・【LEGEND】井上尚弥が比嘉大吾の猪突猛進な攻めに強烈連打「ガチでやりました」(井上)

・【LEGEND】内山高志、4年ぶり衰えぬ強烈パンチで現役日本王者のボディえぐる

・【ボクシング】フックかと思ったらボディーブロー、ガルシアKO勝利でカネロと歓喜

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”(動画あり)

・【ボクシング】米トップランク社が選ぶ歴代“怪物級”アッパーカット映像公開!1位は芸術的な“見えない”一撃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧