TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】へリング”一撃”ダウン重ねTKOでV3、ドネアにも勝利の元王者フランプトンは涙の引退宣言

2021/04/04(日)UP

豪快なKO劇を演じたジャメル・へリング(C)Naoki Fukuda

 4月4日(日・日本時間)ドバイにて行われたWBO世界スーパーフェザー級(58.97kg)タイトルマッチで王者ジャメル・ヘリング(米=35)が、元2階級王者で3団体も制したカール・フランプトン(英=34)から3度のダウンを奪い、6RにTKOで王座防衛に成功した。負けたフランプトンは泣きながら引退を表明した。

 へリングは12年のロンドン五輪ライトウェルター級(64kg)代表選手を経てプロボクサーに。19年5月に伊藤雅雪から判定で王座奪取し3度目の防衛戦だ。

 フランプトンはこの試合で3階級制覇を狙っていた。18年4月には元5階級制覇王者のノニト・ドネアに判定3-0(3者とも117-111)と差をつけ勝利を収めるほどの実力の持ち主だ。

泣いて引退宣言のフランプトンにへリングが励まし健闘を讃えた(@trboxingより

 しかし、同年12月にはIBF同級王者王者のジョシュ・ワーリントンと対戦し判定負けし王座陥落。その後、再起を目指す中、滞在していたホテルのロビーで、飾ってあったコンクリート製の柱の装飾品が倒れてきてフランプトンの左手を直撃。左手小指の中手骨(手の甲の部分)を骨折し4日後の試合を欠場。19年11月には3階級制覇を目指すべく、スーパーフェザー級に上げ初戦となった10回戦で判定勝利も、事故で負った左手小指の同箇所を再び骨折。さらに右手中指の中手骨も骨折して手術を受けた。

 それから1年半、満を持してヘリング戦に挑んだが、序盤からへリングがジャブで主導権を握った。身長差は13cmへリングが高く、リーチも同じ差だ。以降のラウンドもフランプトンはなかなか懐に入れず、3Rにはへリングの左ストレートがクリーンヒットしバランスを崩す場面もあった。

 しかし4Rにはフランプトンが連打でロープに詰め、ヒットしたフックでへリングは右まぶたから流血。追い上げたフランプトンだったが、5Rにはへリングの左ストレートでダウンを奪われ、6Rにはへリングの左アッパーで再び木が倒れるようにマットに仰向けに倒れた。立ち上がるも再び左フック、アッパー、左フックの連打でぐらついたフランプトン。陣営がタオルを投入し、フランプトンの3階級制覇の野望は散った。

 勝ったヘリングは、WBC同級王者でESPNランキング1位のオスカル・バルデス(メキシコ)との統一を希望した。

 負けたフランプトンはこの試合を、先日亡くなったアマチュア時代のコーチ、ビリー・マッキーに捧げたいと語り涙。マッキーの写真入りのTシャツを着ながら語り、観客から拍手が贈られた。そして「この試合に負けたら引退すると言っていた通りになった。今は家族に人生を捧げたいと思っている。また、悪いこともあったが、ボクシングは私にとって良いものだった。僕は、より優れた相手に負けた。彼の中に入っていくのにとても苦労したよ。言い訳はしない」とマイクを置きリングを後にした。

 ヘリングは「チャンピオンがあのような形で退場するのを見るのはつらい。彼とリングを共にできたことを光栄に思う」と語った。

▶︎次のページは(動画)へリングが一撃ダウン重ねTKO勝利した映像スローもあり

●編集部オススメ

・(動画あり)岩佐亮佑のTKO負けにストップ早すぎの声、岩佐は「前半耐えていたらあっけなく止められた。相手パンチ強かった」

・(動画あり)米トップランク社が選ぶ歴代“怪物級”アッパーカット映像公開!1位は芸術的な“見えない”一撃

・(動画あり)井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”

・(動画あり)衝撃KO、まるでロッキーだ! わざと殴らせる激闘で期待…も一転、ロープ外へ崩れ落ちるKO負け=ボクシングヘビー級

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧