TOP > 試合結果 一覧

【RISE】小林愛三が田渕涼香にリベンジ果たし正規王者昇格、工藤政英は田渕神太の粘りにKOならず

2021/04/17(土)UP

小林の豪打爆発、平岡との打ち合いを制し判定勝利

▼第3試合 アトム級(-46kg)3分3R
●平岡 琴(TRYHARDGYM/2014年全日本女子ウェイト制空手道選手権軽量級優勝)
判定0-2 ※29-30、29-29、28-30
○小林愛理奈(FASCINATEFIGHTTEAM/第38回全日本空手道選手権大会2019軽量級優勝)

平岡は得意の蹴り技を駆使し小林の突進に対抗

 平岡は2014年全日本女子ウェイト制空手道選手権軽量級優勝の実績を持つ空手ファイター。昨年2月に紅絹へ挑んだRISE QUEENアトム級タイトルマッチでは、ダウン応酬の激戦を繰り広げた。しかしその紅絹戦を含め現在3連敗と苦境の中にある。

 一方の小林もまた全日本空手道選手権大会2019軽量級優勝の実力者。RISE女子きってのハードパンチャーとして鳴らすが、今年1月のアトム級NEXT QUEENトーナメント決勝で平岡の後輩である宮﨑小雪に判定負けを喫している。

 1R、小林が左右フックで前進、平岡が鋭いジャブ、右ミドルを合わせる。小林が踏み込んで大きな右フックを放つと、平岡の顔面に直撃し一瞬棒立ちに。距離を詰める小林へ平岡は左右ストレート、右ローで応戦し、バックスピンキックで突き放す。

小林はフックをヒットさせ何度も平岡をぐらつかせた

 2R、平岡がワンツーから右ミドル。小林は左右フックで前進も、平岡は前蹴り、ジャブで距離を測りフットワークを使う。圧力をかける小林は左右フックで前進。終盤に打ち合いを見せるも、小林がフックをヒットさせまたも平岡が一瞬動きを止める。

 3R、小林の前進に平岡がワンツーからヒザで応戦。しかし小林の突進は止まらず、左右フックの連打で平岡を飲み込んでいく。平岡は足を使いながら打ち合いに応じ、強烈な右ミドルから左右ストレートを打ち込む。小林は叩きつけるような左右フックで平岡の体を左右に揺らし、ロープ際では胴回し回転蹴り。平岡もバックスピンキックを返していく。両者一歩も引かない打撃戦を見せるまま試合終了のゴング。小林が強烈なパンチでペースを握り判定勝利。平岡は苦しい4連敗となった。


▼第2試合 ミニフライ級(-49kg)3分3R
○ERIKO(トイカツ道場)
判定3-0 ※三者とも30-28
●紗彩(ドージョー☆シャカリキ)

▼第1試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R
●杉山豪基(鹿浜TOPTEAM)
判定0-2 ※29-30、29-29、28-30
○龍翔(BLACK☆Jr)

●編集部オススメ

・リベンジに燃える小林愛三「女は度胸、そこをぶつける」王座へ挑む田渕涼香「挑戦者として倒す」=前日計量

・平岡琴が「おなかはポチャポチャ」と挑発、受ける小林も「明日は倒しに来て」と臨戦態勢=前日計量

・王者・工藤政英が田渕神太と”ゴリゴリ”の打ち合い宣言「気持ちのいい殴り合いができそう、楽しみ」=前日計量

・田渕涼香、小林愛三に返り討ち宣言!「倒される気はない。多彩な蹴り技で倒す」

・小林愛三が”仕返し”宣言、田渕涼香の「ベルトを巻く姿を想像するだけで嫌。悔しそうな顔が見たい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧