TOP > 試合結果 一覧

115kgヘビー級巨漢が振り落とすヒジ連打10発!“首振り人形”の様に殴られた相手は戦意喪失のKO負け=海外MMA

2021/04/21(水)UP

115kgヘビー級巨漢ピーターセンがパンチ連打!“首振り人形”の様に殴られた相手は戦意喪失(UFC FIGHT PASS公式SNSより)

 4月16日(金・現地時間)に米国オクラホマ州で開催された総合格闘技イベント『LFA 104』で、相手の心を完全に折る圧倒的なKO劇が起こった。

 ヘビー級ワンマッチ、トーマス・ピーターセン(米国)とオデル・パンティン(米国)との一戦。
 ピーターセンはレスリングがベースでグラウンド&パウンドの得意の選手。アマ5戦全勝、プロ3戦全勝と、MMAデビュー無傷の8連勝中だ。
 対するパンティンはMMA1勝1敗。ムエタイやボクシングのリングに立つ経験がある体重120kgの豪腕ストライカーだ。

 テイクダウンに成功しサイドポジションを取ったピーターセンは、パンティンの顔面に強烈なヒジ打ち振り落とす。巨体115kgの体重をのせたエルボーショットはなんと10発!
 苦悶の表情で逃げるパンティンが背中を向けると、ピーターセンはすかさずバックマウント。パンティンの脚を伸ばして完全に身動きの取れない状態にすると、そこから容赦ないパウンドの嵐。強烈な左右パンチを殴られ続けるパンティンは完全に戦意喪失の様子。
 殴られ放題の頭はまるで“首振り人形”の様に左右に大きく揺れ、レフリーが試合を止めた。

 1R3分33秒で圧倒的な勝利を収めたピーターセン。プロ4戦全て初回KO勝利で飾り、将来のUFC行きに大きく前進した。

 

▶︎次ページ(動画)は、115kgヘビー級巨漢が振り落とすヒジ連打10発!“首振り人形”の様に殴られた相手は戦意喪失のKO負け

●編集部オススメ

・超危険なバスターKO!完全失神の相手に無慈悲なヒジ打ち追撃=海外MMA

・中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声

・120kg巨漢ヘビー級モンスターが壮絶な秒殺KO!失神した相手に無慈悲なパウンドを追撃

・痛すぎるカーフキックKO!プロデビューの女子選手を襲った悲劇=海外MMA

・英国で起きた悲劇のKO負け!叫びながら42発の怒涛の攻撃も、相手の1発で水の泡=海外MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧