TOP > 試合結果 一覧

【イノベーション】1年半ぶり復帰の馬木愛里、肩脱臼で津崎善郎に痛恨の“46秒”TKO負け

2021/05/10(月)UP

JAPAN KICKBOXING INNOVATION
「Resistance-2」
2021年5月9日(日)TKPガーデンシティ千葉

馬木(左)の左ストレートと津崎(右)の左フックが交錯した時に、馬木は左肩を脱臼したという

▼第10試合 メインイベント WBCムエタイランキング査定マッチ スーパーウェルター級(69.85kg) 3分3R
●馬木愛里(岡山ジム/INNOVATIONウェルター級1位)
TKO 1R46秒 ※レフェリーストップ
〇津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)

 馬木は2014年9月に僅か14歳でデビュー。182cmの高身長と端正なルックスから岡山ジムが生んだスター候補として将来を嘱望されていたが、17年9月に交通事故に遭い、約2年にわたる欠場を余儀なくされた。19年7月に復帰し、MuayThaiOpenウェルター級王座を獲得。同年10月には番長兇侍、11月に井原浩之を下し復帰3連勝を飾った。この後再び沈黙を守っていたが、今回約1年半振りの復帰が決定した。

 対する津崎は現ラジャダムナンスタジアム・ミドル級王者の石毛慎也を師に持つ実力者。REBELSを主戦場とし、19年には「REBELS-MUAYTHAIスーパーウェルター級王座決定リーグ戦」で準優勝。新日本キック王者のリカルド・ブラボとも1度引き分ける粘り強さを持っている。

 この一戦はWBCムエタイランキング査定マッチということもあり、試合前には両者はワイクルー(ムエタイの試合前の闘いの舞い)をお披露目。先に終えた津崎に対し、馬木は津崎のコーナーに接近し弓を放つポーズだけでなく、刀を斬り付けるポーズで威嚇した。

 1R、馬木が右ロー、左ミドルを飛ばすのに対し、津崎は右ストレート。津崎が首相撲を仕掛けると、馬木がバランス良く崩して見せる。

 再開後、馬木の左ストレート、津崎の左フックがクロスし、馬木がバランスを崩す。クロスした際に左肩を脱臼した馬木は負傷を訴えたところで、レフェリーがストップし津崎のTKO勝ちとなった。


RISING(左)をKOした林(右)

▼第9試合 セミファイナル ジム対抗戦 53kg契約 3分3回戦
●RISING力(ライジング己道会/INNOVATIONフライ級2位)
KO 3R0分49秒
〇林 佑哉(空修会館)

 RISINGは前戦となった昨年12月の花岡竜との無敗対決で敗れ、今回が再起戦。対する林はDEEP☆KICKやHOOST CUPといったリングで活躍し、これまでに滉大、大崎孔稀らトップ選手と対戦した戦績を持つ。

 1R、RISINGが右のカーフキックを当てていき、林も右ローからパンチにつないで対抗するもののRISINGが押し気味。

 2RもRISINGがカーフを決めて若干ペースを握ったかに思えたが、3Rには接近戦を仕掛けた林の左フックがクリーンヒット。ダウンしたRISINGだったが、ダメージは明らか。林がKO勝ちを収めた。

 

 

▶︎次ページは、白幡太陽vs平松弥と、そのほかの試合結果

●編集部オススメ

・【イノベーション】緊急事態宣言により会場が東京から急遽千葉に変更「無観客だと赤字、新会場決定はご縁」=5.9

・【イノベーション】天才・馬木愛里が1年半ぶりの復帰で津崎善郎と対戦、白幡兄弟・兄の太陽vs平松兄弟・弟の弥が決定

・【イノベーション】“アラフォーの星”櫻井健が激闘を制し悲願の王座奪取、5度目のタイトル挑戦の末に

・【イノベーション】加藤有吾が55kgトーナメント優勝、平松侑と吉田英司が新王者に

・【イノベーション】17歳王者・花岡竜がRising力との無敗対決を制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧