TOP > 試合結果 一覧

【スックワンキントーン】カイト.ウォーワンチャイが初の後楽園ホールで片島聡志に勝利、鈴木真治はダウン奪うも痛恨ドロー

2021/06/14(月)UP

永澤がラックチャイからダウン奪い判定勝利

▼第5試合 62kg契約 3分3R
○永澤サムエル聖光(ビクトリージム)
判定3-0 ※30-27、29-27、29-28
●ラックチャイ・GTジム(GTジム)

 永澤はパワフルなパンチとヒジを使うパワーヒッター。19年は2度に渡り王座戴冠のチャンスを逃す苦難に見舞われたが、20年1月に興之介を下しジャパンキックライト級王座を獲得。同9月にはNJKF王者・鈴木翔也を下し、WBCムエタイ日本統一ライト級を奪取。1年の間に二冠を手にした。前戦は2月のNO KICK NO LIFEで森井洋介と対戦。2-0の接戦を落としたが、パンチの打ち合いを見せ会場を大いに沸かせた。

ラックチャイも永澤の強打にひるまず応戦

 対するラックチャイはGTジムでコーチを務める傍ら、精力的に国内の試合に出場。直近では3月のKROSS×OVERでレンタ・ウォーワンチャイに判定負けを喫している。

 1R、永澤が左ジャブで前進。左ローをラックチャイの前足、奥足へ散らす。ラックチャイが右ミドルを見せると、すぐさま永澤も右ローで応戦。ラックチャイは様子見か手数は出さず、終盤に右ハイキックを見せる。

 2R、ラックチャイが前進しプレッシャーをかけ始める。至近距離で右ヒジを振るラックチャイへ、永澤も左ヒジを振り抜き応戦。ラックチャイの前進に左ジャブから左ロー。ロープを背負ったラックチャイへ右ストレートをヒットさせ、ラックチャイが大きくのけぞる。

ラックチャイに襲いかかる永澤の強打

 3R、永澤が距離を詰め左ジャブから左ロー。ラックチャイの右ミドルをスウェーでかわし、右ローで前足を痛めつける。ラックチャイは右ミドルで応戦もジリジリと後退。コーナーを背負ったラックチャイへ永澤が左右ボディを連打。左フックをクリーンヒットさせダウンを奪う。立ち上がったラックチャイへ永澤はパンチの連打を浴びせるが、ラックチャイも手を出し抵抗。2度目のダウンを拒否するまま試合終了のゴングを迎えた。

 判定は3者が永澤の勝利を支持。永澤がダウンを奪う完勝を収めた。

▶次ページはその他の試合結果

●編集部オススメ

・メインでカイトvs片島聡志の元WPMF王者対決、セミは“熱闘王”鈴木vsセーンアティット=6.13後楽園

・”熱闘王”鈴木真治が元二大殿堂ランカーと激突、小嶋NorNaksinがNJKFの一航を迎え撃つ

・【BOM】天馬vsジュライ・ウォーワンチャイによるWMC王座決定戦、松本龍斗vs川原龍弥の王者対決が決定

・【RIZIN】那須川天心が計量パス、HIROYAとは”約12.5kg差”ミスターXの体重は明日リングで発表

・【RIZIN】KO必至のヘビー級、スダリオ剛が118kgで計量パス「圧倒します!」シビサイ頌真は111kgでパス=6.13東京ドーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧