TOP > 試合結果 一覧

【NKB】空手出身の森井翼が三日月蹴りをズドン! 喧嘩師・海老原竜二をTKOで下して新王者へ

2022/10/29(土)UP

空手出身の森井(右)が、海老原(左)のボディへ何度も三日月蹴りを決めた

NKB日本キックボクシング連盟
『喝采シリーズvol.6』
 2022年10月29日(土)東京・ 後楽園ホール
▼第12試合 NKBバンタム級タイトルマッチ 3分5R
●海老原 竜二(神武館/NKBバンタム級王者)
TKO 5R 2分07秒 ※三日月蹴りによるダウンからパンチ連打→レフェリーストップ
〇森井 翼(テツジム/NKBバンタム級2位)
※森井が新王者となる。

海老原は得意のパンチでKOを狙った

 メインイベントのNKBバンタム級タイトルマッチは、王者・海老原竜二に森井翼が挑戦する。海老原は昨年NKBバンタム級王座決定トーナメントを制し、王座を戴冠。今年7月にKNOCK OUTに初参戦したが、壱・センチャイジムにTKO負けを喫した。対する森井は空手の大会で幼少期からタイトルを奪ってきた天才児。キック転向後は王座挑戦をアピールしており、7月のNKB関西興行で高嶺幸良との熱戦を制し、今回のタイトル戦につないだ。

 1R、サウスポー構えの海老原は、左ロ―キックで先制。森井は左ロングフックを外から回す。さらにハイキックへつなげる。海老原はパンチのコンビネーションで攻撃。森井はしっかりとガードすると、ハイキック、ミドルキックで揺さぶりをかけた。

森井は右ストレートでダウンを奪った

 2R、海老原は蹴りで崩しながら右のパンチをKOを狙う。パンチを警戒している森井は、ガードを固めながら左フック、右の蹴りを的確に入れる。ラウンド終盤、打ち合いの中から森井は右ストレートでダウンを奪う。海老原が立ち上がったところでラウンド終了。

 3R、海老原は前へ出て右を放っていく。森井は冷静にさばいていたが、ときおり固まって海老原のパンチ連打を受ける場面も。だが左フックをヒットすると落着き、森井は素早い攻撃で追い込んでいく。海老原もロ―キックからパンチを放つが、森井の蹴りに対応できない印象があった。

パンチに合わせたこの三日月蹴りがズドンと入り、海老原がダウン

 4R、海老原はダウンをポイントを挽回したいため、前へ出て右を放っていくが、やや疲れたかスピードが遅くなる。森井もスピードが落ちてしまい、互いに持久戦の様相へ。ここでも森井は、下がらずに前へ出てミドルキックをボディへ入れていく。海老原もパンチをふるった。

 5R、海老原は最後の力を出してパンチで逆襲する。森井は三日月蹴りで応戦。すると森井は、打って来いとノーガードでアピール。海老原も、同じように打って来いとアピールし返す。2人はパンチで打ち合う。ここで森井が三日月蹴りを入れると、海老原はダウン。立ち上がった海老原に森井がパンチをまとめると、そのまま倒れてレフェリーが試合をストップした。

森井が新王者となった

 新王者となった森井は「キックを始めて4年、僕は空手を6歳から続け、才能がない中で努力してきました。僕みたいに才能がない人も、努力次第では報われる時が来ると思います」と挨拶した。

▶次ページは、釼田 昌弘vs.田村 聖、杉山空vs.則武

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】10.29『NKB』海老原竜二vs森井翼のタイトル戦、田村聖 引退試合ほか生中継、放送、配信情報

・11.1 寺地拳四朗vs京口紘人、ゴンサレスvs岩田翔吉ほか試合結果速報(ボクシング世界戦)

・【NKB】ダウン6回の激闘は海老原竜二が谷津晴之から逆転TKO勝ち! 津崎善郎は田村聖を判定で下す

・戦慄のカーフキックKO劇!相手は激痛ダウンで足を抱え悶絶=米UFAC

・【NKB】王者・海老原竜二vs森井翼のタイトル戦、田村聖は引退試合で釼田昌弘と3度目の対戦=10.29

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧