TOP > ニュース

【K-1】ウェイ・ルイ、2度目の防衛戦に卜部功也を指名

2017/06/19(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2度目の防衛戦の相手として、卜部功也の名前をあげたルイ

 6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、19日(月)都内にて行われた。

 K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチで挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)からダウンを奪って勝利し、初防衛に成功した王者ウェイ・ルイ(中国/大東翔クラブ/CFP)が会見に出席。昨夜の試合を振り返った。

「自分が持っているテクニックをいろいろ出せたと思う。ゴンナパーのローキックは強かったが、カウンターを当てることが出来ました。自分もやっていて興奮した試合でした」と、観客だけでなく自分自身にとってもエキサイティングな試合だったと語る。

 1Rにダウンを奪った飛びヒザ蹴りについては、「日本だけでなく中国のファンからも、意外だ、突発的に出た技だ、という見方をされていますが、それは違います。あれはゴンナパーを研究して、必ず前に出て来てアグレッシブで下がらない選手なのであそこでヒザを当てることをジムで研究してきたのです。だから、あれは必然的に当たった技です」と、狙っていた技だったと強調した。

「タイ人とはたくさん試合をしてきて、同じタイプとも試合をしたことがある。でも、ゴンナパーはキック、パンチが強く前に出る気持ちが凄く強い。自分の選手生活の中で非常に深い印象を与えてくれた試合です」と、今回のゴンナパー戦は特別な一戦となったようだ。

 4月のトーナメントで王者となり、わずか2カ月と早いスパンでの防衛戦となったが、「このスパンで防衛戦がめぐってくるとは思わなかったが、2カ月くらいあったので自分には十分でした。準備期間が少ないことはなかったです」と問題はなかったという。

 次回の防衛戦について聞かれると、「日本で人気・実力ともに最高の卜部功也選手とやりたい」と、トーナメントでは対戦が実現しなかった初代K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級王者の卜部を指名。「卜部選手より人気・実力が上なら誰でも構いません。いつでも挑戦してきてください」と語った。

 また、7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催の『Krush.77』で行われる「日本vs中国の6対6全面対抗戦」について、次のようにコメントした。

「Krushに『GLORY OF HEROES』(中国のキックボクシングプロモーション)最強軍団が来日します。チュー・ジェンリャンは世界に通用する実力があり、ティエ・インホァは中国国内で人気がある。ワン・ジュングァンは若手のホープです。ユン・チーは日本のファンもご存じだと思う。この4人が日本のリングで暴れてくれると思う」と注目選手をあげ、「ワン・ジュングァンは“中国の武尊”と呼ばれ人気を博しています。武尊選手と戦い方がアグレッシブで似ている。若いだけに勢いがあります。スタイルは日本人と似ているが、パワーとテクニックは同じ階級の日本人選手を上回っている」と、自信たっぷりに紹介した。

※6・18「K-1 WORLD GP JAPAN」の全試合結果はこちら

●編集部オススメ記事
・難敵ゴンナパー下した王者ルイ、もうひとつの難敵とも戦っていた
・ウェイ・ルイが平本との接戦制し中国人初のK-1王者に

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース