TOP > ニュース

【K-1】一夜明けでも皇治のビッグマウス炸裂、標的は武尊

2017/09/19(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

いつも通りの”皇冶節”

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、19日(火)都内にて行われた。

 ISKA世界ライト級王者・皇治(SFK)は、MA日本スーパーフェザー級王者の島野浩太朗(菅原道場)から合計3度のダウンを奪って大差の判定勝ち。「1Rで楽勝で倒せると思ってあまり練習してこなかった。あれだけ頑張った浩太朗を褒めるべきだと思うな。減量は前回(大雅戦)でめちゃ反省したから気を付けていた。最初から言ってたように、浩太朗ちゃんは頑張ったけれど俺とは実力が違うことを証明できたからよかった」と試合を振り返った。

 3Rに猛反撃を喰らったことに関しては「反撃を喰らったですか?」ととぼけ、「ファンがひやひやして面白かったならそれでいい。浩太朗ちゃんも練習してきただろうから」と気にしていない様子。

 3度のダウンを奪いながら仕留め切れなかったことには「普通のヤツなら倒れていたと思う。俺の優しさが出たかな。あまり倒すと引退しちゃうからかわいそうだと思った。3回も倒したら、4回はかわいそうでしょう。浩太朗ちゃんは会見の時も優しかったし、いい子だから。生意気なら担架で運ばせたろうと思っていた」と、わざとKOしなかったと言い張る。

 次回については「大雅君がやられてもうたから、あのキューピー外国人とやってもいい。俺は体調がよくてやる気を出して戦ったら誰にも負けない。ただ、サウスポーは嫌い。キューピーは右やし、小さいし、日本が好きって言ってるから嫌いにしてやる。ファンもアンチも喜ぶカードなら誰とでもやりますよ」と豪語。同大会で大雅をKOしたスタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ)の名前をあげた。

 そして「俺は3月にたけぽん(武尊)とやると決めているから、そこへ向けて張り切っていく」と、2018年3月3月21日(水・祝)に開催されるさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会でK-1 WORLD GPフェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦したいと改めてアピールした。

●編集部オススメ記事
皇冶、島野浩太朗との打ち合い制す
トーナメント制した久保優太が激戦振り返る

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る