TOP > ニュース

【K-1】大雅をKOしたスタウロス、タイトル戦に意欲

2017/09/19(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

鮮烈な日本デビューを果たした

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、19日(火)都内にて行われた。

 K-1スーパー・フェザー級王者の大雅(TRY HARD GYM)から1Rに3度のダウンを奪い、KO勝ちの衝撃日本デビューを飾ったWKBC・WAKO・ISKA世界スーパー・フェザー級王者スタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ)が出席。

スタウロス(右)の拳が大雅(左)の顔面にメリ込む

「結果に満足している。嬉しい夜になったよ。大雅は元々素晴らしく強い選手だと思っていたので、勝つことが出来て非常に満足している」と勝利を喜び、「皆さんが見た通り、最初は防御してチャンスを待ち、チャンスが来たと思ったので強く出たんだ。試合の中で常にチャンスをうかがい、昨日はそのチャンスが来た。(左フックは得意?)もちろん。常に鍛えている。これまでも左フックでたくさん倒している」と試合を振り返った。

 現王者をノンタイトル戦でKOしたことにより、「今こうして勝つことが出来たのだから、チャンスがあれば、また組織として動くことがあれば準備していきたい」とタイトル挑戦への意欲を見せた。

 また、大雅に敗れて以来3連敗と不調のどん底だった第2代K-1スーパー・ フェザー級王者の卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、元IT’S SHOWTIME世界-61kg級王者・山本真弘(N.F.T.T.)から3度のダウンを奪ってKO勝ち。

本来の攻撃的なスタイルを取り戻した卜部

「KOで勝ててホッとしています。自分が戦うべきスタイルはこうなんだと確信が持てた試合だったと思います。相手の攻撃も見えていたし、手足もバランスよく出ていたと思います」と試合を振り返った。

 不調の原因は「最近までは試合に臨む姿勢、どうやったら負けないかを考えていて、負けないスタイルを追及していたら負の連鎖にハマってしまった」と言い、「昨日は吹っ切れて、常に攻めるようにしたら描いていたような試合になったかと思います」と攻めの姿勢を思い出したことが大きいと説明。

 今後については、大雅をKOしたスタウロスとの対戦も期待されるところだが、「今の王者も負けてしまって、相手も強い選手だと思うが、今すぐ誰とやりたいかはない」と卜部。それよりも「自分自身がまだまだ強くなれると思うので今は技を磨きたいと思います」と話した。

●編集部オススメ記事
大雅まさかのKO負け、ギリシャの豪腕スタウロス強し
卜部弘嵩が復活KO勝ち、山本真弘を完封

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース