TOP > ニュース

【HEAT】初参戦ライカvsプロ・アマ無敗の“流血のマドンナ”

2017/10/27(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

初参戦のライカ(左)を迎え撃つのは、そのルックスからは想像も出来ないような闘志むき出しの戦いぶりをする“流血のマドンナ”こと鈴木(右)

 12月23日(土・祝)愛知県武道館第一競技場で開催される『HEAT 41』に、元プロボクシング世界王者ライカ(RIGHT THING ACADEMY)の初参戦が決まった。

 ライカは女子プロボクシングで世界三階級制覇を達成し、日本の女子プロボクシングの礎を築いた。2014年1月にボクシングを引退し、同年9月に韓国でMMA(総合格闘技)デビュー。中井りん杉山しずからに連敗を喫するも、2015年5月に初勝利。現在はDEEP、ROAD FCなどで活躍し、10月の『TTF CHALLENGE 07』ではチョークスリーパーで勝利して5連勝をマークした。

 今回は2014年11月以来となるキックボクシングルールでの試合に挑む。

試合では流血のマドンナに変貌するとは信じられない計量時の表情(本人のTwitterより)

 その対戦相手は鈴木万李弥(23=すずき・まりや/志村道場)。空手出身で、アマチュアキックボクシングで5戦5勝(4KO)、プロ4戦4勝(2KO)とプロ・アマ通じて無敗のホープ。今年7月の『HEAT 40』でジェニフェル・フェハス(ブラジル)と対戦し、鼻から大流血しながらも勝利をもぎ取ったことから“流血のマドンナ”の異名を持つ。11月27日には韓国の『ANGEL’S FIGTING』というキックボクシング大会にも出場が決まっている。

 美女格闘家として紹介されることもある鈴木だが、そのファイトスタイルはパンチでガンガン前へ出て攻めるファイタータイプ。ビッグネームであるライカを喰ってその名を轟かせることが出来るか。

<決定対戦カード>

▼HEATキックルール 3分3R
鈴木万李弥(志村道場)
vs
ライカ(RIGHT THING ACADEMY/元プロボクシング世界三階級制覇王者)

●編集部オススメ
・藤田和之の相手はバンナ破ったマルティネスと互角の実力者
・藤田和之が復帰、ヘビー級ワンマッチで初参戦

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース