TOP > 試合結果

【新日本キック】瀧澤博人、現ラジャダムナン王者の牙城を崩せず

2016/11/06(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新日本キックボクシング協会
「KICK Insist 6」
2016年11月6日(日)東京・ディファ有明

左ミドルで瀧澤(右)を圧倒する現ラジャダムナン王者カオタム(左)

▼第15試合 メインイベント 日泰国際戦 55.6kg契約 3分5R
○カオタム・ルークプラパーツ(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※50-48、50-47、50-47
瀧澤博人(ビクトリー/日本バンタム級王者)

 シンガーソングライターとしてライブ活動もしていることから、“歌うキックボクサー”として注目を集める瀧澤は“打倒ムエタイ”を目標に掲げ、前回8月大会では元ラジャダムナンスタジアム認定ライトフライ級王者ヨーブアデン・ソーシリラックと対戦するも3RにTKO負け。今回は現役王者という更なる強敵に挑む。

 1R、右ミドル、左ジャブ、右ストレートと次々と攻撃を当てる瀧澤は好調な出だし。2Rも遠い間合いから左ジャブを突き刺す瀧澤だが、カオタムは徐々にペースを上げ左ミドルを的確に当てていく。

 3R、プレッシャーを強めるカオタムに、瀧澤はアッパー、ヒジを合わせるが、カオタムはミドル、ローと左の攻撃で下がらせ、首相撲を仕掛けるとヒザを当て続け瀧澤を圧倒する。

 4Rもカオタムは瀧澤のガードの上からでも左ミドルを叩き込みペースを握る。5R、ムエタイ特有の流しに入るカオタムに、瀧澤はパンチで攻めるも終了。カオタムが大差を付けて判定勝ちした。

 


右ミドルを的確に見舞う山田(右)

▼第14試合 メインイベント 日泰国際戦 51.5kg契約 3分5R
○山田航暉(キング・ムエ/WMC日本スーパーフライ級王者)
TKO 3R1分28秒 ※レフェリーストップ
●ラチャシー・ギャットアノン(タイ/元タイ東北スラナリースタジアム認定ミニフライ級王者)

 日本での試合よりも、タイでの戦績が多い現役高校生の山田が5月の麗也戦以来、2度目の参戦。相手のラチャシーは71戦51勝(16KO)20敗の戦績を持つ元王者。

 1R、右ローを積極的に蹴る山田に対し、ラチャシーはゆったりとしたリズムから一気に距離を詰めパンチ、ヒジ。山田がこかされる場面もあり、ラチャシーが
テクニシャンぶりを発揮する。

 2R、山田は右ロー、ミドルでプレッシャーをかけラチャシーを下がらせると、3Rには遂に右ローでラチャシーがダウン。立ち上がったラチャシーに山田はラッシュを仕掛け、右ローで倒れたところに蹴り足が顔面にヒット。これで大きく後方に吹っ飛んだところでレフェリーが即座にストップ。山田がTKO勝ちした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
≫もっと見る
Facebookもチェック