TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】小林愛三がキル・ビーのパンチに苦しみながらも逆転勝利

2018/02/12(月)UP

キックスロード
「KNOCK OUT FIRST IMPACT」
2018年2月12日(日)東京・大田区総合体育館

小林(左)が判定で逆転勝利

2試合 49.0kg契約 35R ※ヒジ打ちなし
小林愛三(21=こばやし・まなぞう/NEXTLEVEL渋谷ジム/初代MuayThaiOpen女子フライ級王者)
判定2-0 ※49-4848-4848-47
キル・ビー(22=台湾/アマチュアボクシング2013年台湾大学選手権優勝)

 女子キックボクシングの新星として注目を集める小林はKNOCK OUTで1勝2分、デビュー以来11戦負けなし。

 ビーはアマチュアボクシング2013年台湾大学選手権優勝経験があり、2013年世界選手権女子ライトフライ級台湾代表。アマチュアムエタイでも金メダルを獲得している。2014年8月のシュートボクシング『Girls S-cup2014世界トーナメント』に初来日してその後も来日経験を重ね、国内トップクラス選手と対戦している。戦績は16勝(1KO)4敗。

 1R、ビーはゴングと同時にスーパーマンパンチで襲い掛かる。組んでの首相撲からのヒザでは小林が優勢だが、離れるとビーの右ストレートが小林を襲う。終盤にビーが右の連打をヒットさせて小林が後退。ビーが優勢のラウンドに。

 2R、小林はミドルを蹴るが、ビーは飛び込んでのパンチをヒットさせる。右の連打をまともにもらってロープ際に追い込まれる小林。首相撲からのヒザ蹴りでこのピンチをしのいだが、このラウンドもビー優勢となった。

 3Rが始まると同時に小林が打ち合いを見せる。距離が開き始め、小林の蹴りも当たり出す。小林の右ローが効き始めてビーの動きが鈍る。小林は前蹴りとヒザ蹴りでボディを攻め、スタミナも奪う。小林が取り返したラウンドに。

 4R、右ローからパンチの連打につなげる小林。左右ミドルもヒットさせるが、ビーも必死に打ち返す。小林が前蹴り、左ミドルを命中させてビーの突進を防ぐ。

 5R、パンチの連打で前へ出てくるビーに押される小林だが、中盤からはミドルで応戦。ビーが組み付いてくるとヒザ蹴り。蹴り続ける小林に突進してパンチを繰り出すビー。最後は一進一退となったが、判定は前半をリードされた小林が逆転勝利に成功した。

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・”女子キック界のスター候補”小林愛三「後々はRENA選手と戦いたい」

・小林愛三の相手がキル・ビーに変更、イリアーナは出場辞退

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別