TOP > ニュース 一覧

【キック】延期された小笠原瑛作vs壱、宮元啓介vs鈴木貫太の王座決定Tが4.24レベルスにて開催

2020/03/12(木)UP

4月のレベルスで激突する小笠原瑛作vs壱センチャイジム(左2名)、宮元啓介vs鈴木貫太(右2名)

 4月24日(金)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.65』にて「REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント」1回戦として、小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)vs壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム)、宮元啓介(橋本道場)vs鈴木貫太(ONE’S GOAL)の2試合が行われる。

 この2組の対戦は、当初は3月8日の新日本キックボクシング協会興行『TITANS×REBELS 1st.』で行われる予定であったが、新型コロナウイルスの影響により開催延期となり、4月12日の新日本キックボクシング協会興行へスライドされていた。しかし、その4月大会も延期が決定したため、今大会で試合を行うこととなった。

トーナメント1回戦で、KING強介がカーフキックをタネヨシホ(左)にヒットさせTKO勝利(20年2月)

 本トーナメントはヒジありのREDルールで開催され、8選手が参戦し、優勝者は9月のKNOCK OUT大田区大会にて現KNOCK OUT 55.5kg王者・江幡塁への挑戦権を得ることができるというもの。
 2月のレベルスでは、本トーナメントに参戦した4選手、KING強介vsタネヨシホと森岡悠樹vs小笠原裕典がそれぞれ1回戦で対決し、KING強介と小笠原裕典が勝利して準決勝進出を決めている。

 実力者ぞろいのトーナメントを勝ち抜き、江幡塁に挑戦するのは果たしてどの選手となるのか。

☆4.24 REBELS 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・55.5kgトーナメントの組み合わせ決定、1回戦で小笠原瑛作vs壱のイケメン対決

・4.24 ぱんちゃん璃奈とMISAKIが王座戦、MISAKI「格闘家として私のほうが上」

・4.24 KO決着のみ・オープンフィンガーグローブ着用の過激新ルールを導入、ラウェイの渡慶次幸平が名乗り

・小笠原瑛作、壱・センチャイジムら参加の55.5kg王座決定T開催、優勝者はKNOCK OUT王者の江幡塁に挑戦

・【2.29レベルス】KING強介と小笠原裕典が55.5kgトーナメント1回戦を勝ち上がる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧