TOP > ニュース 一覧

【レベルス】ぱんちゃん璃奈vsMARIがメイン、11.8全試合順決定

2020/10/21(水)UP

メインはぱんちゃん璃奈vsMARIの女子47kg戦

 11月8日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.67』の試合順が発表された。本大会は全9試合のラインナップが出揃っている。

 メインイベント第9試合は、ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)vsMARI(ナックルズGYM)の女子戦に決定。47kg契約3分3R延長1R BLACKルール(ヒジなし)で行われる。

 ぱんちゃんは長いリーチと負けん気の強さを武器とする人気ファイター。今年8月にREBELS-BLACK 女子46kg級王座決定戦に出場し、キャリアに勝るMISAKIを組みヒザ蹴りで圧倒。デビューから8連勝で初代女子王座を手にした。今回は王座獲得後初の試合となる。

MISAKIに左フックを打ち込むぱんちゃん

 対するMARIは右ストレートを中心としたボクシング技術に優れる元NJKFミネルヴァピン級王者。13年のSBの女子高生ファイター限定48kg級トーナメント『JKS48』出場、15年、19年の『Girls S-cup』出場と、豊富なキャリアを誇る。REBELSの新王者であるぱんちゃんを撃破し、二冠目への足がかりを狙う。

 セミファイナル第8試合では、国内フェザー級最強の呼び声高い安本晴翔(橋本道場)がBEN”侍”Y’ZD(Y’ZD GYM)と、59kg契約3分3回戦(延長1R)REDルール(ヒジあり)で対戦。

 第7試合は64kg契約3分3R延長1R REDルール戦。元REBELS-RED ライト級王者・良太郎(池袋BLUE DOG GYM)vs元REBELS-MUAYTHAI(現REBELS-RED)二階級制覇王者・北川“ハチマキ”和裕(PHOENIX)が決定した。

 良太郎は、毎日のように職務質問を受けるという強面とは裏腹に、緻密で冷静な戦いを得意とするテクニシャン。選手として活躍する一方でジム代表の顔を持ち、REBELS-RED53.5kg王座決定リーグ参戦中の安達浩平、スーパーフライ級で活躍する濱田巧らを輩出している。

良太郎vs北川“ハチマキ”和裕のREBELS-Muaythaiライト級新旧王者対決は第7試合

 対する北川は長らく「ハチマキ」のリングネームで活躍し、REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級、ライト級の二冠に輝いた名王者である。18年8月の翔・センチャイジム戦で2年ぶりの復帰を果たすも、復帰後4連敗と振るわず、今年6月のNKB興行で引退試合を行うと宣言していたが新型コロナウイルスの影響で大会が延期に。それに伴い、引退試合の前に古巣であるレベルスで一戦挟むこととなった。

 第5、第6試合はREBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント準決勝。第5試合は小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)vsKING強介(team fightbull)、第6試合では小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)vs宮元啓介(橋本道場)が行われる。

55.5kgトーナメント準決勝、小笠原兄弟はともに勝利し兄弟対決実現なるか

 本トーナメントには当初、小笠原兄弟の兄・裕典の出場は予定されていなかったが、出場予定選手の欠場に伴い緊急参戦。弟・瑛作とともに1回戦を勝ち上がったことで、決勝での兄弟対決が現実味を帯びてきた。

 果たして禁断の兄弟対決は実現するのか、KING強介と宮元啓介がそれを阻止するのか、トーナメントの動向に注目が集まる。

 第4試合ではレベルス・KNOCK OUTのエースを目指す鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)が、65kg契約3分3回戦(延長1R)BLACKルールで康弘(ゴリラジム)と対戦する。

 また第3試合には与座優貴(橋本道場)vs久保政哉(フリー)の一戦が決定した。この一戦は当初KNOCK OUT9月大会で実施予定だったが、久保に新型コロナウイルス陽性反応が出たため、本大会へ順延となった。

9月KNOCK OUTから順延の与座vs久保の左ミドル対決は第3試合

 欧州の巨大団体『GLORY』と唯一契約する日本人選手である久保は、今回の試合順に「めちゃくちゃ悔しい」と自身のSNSでコメント。すると与座も「同感です。2人の試合で魅せましょう」と呼応。左ミドルの名手同士の激しい打撃戦が期待される。

<決定試合順>
▼メインイベント 第9試合 47kg契約 3分3回戦(延長1R) BLACKルール
ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/REBELS-BLACK 女子46kg級王者)
vs
MARI(ナックルズGYM/元ミネルヴァ ピン級王者王者)

▼セミファイナル 第8試合 59kg契約 3分3回戦(延長1R) REDルール
安本晴翔(橋本道場/REBELS-RED フェザー級)
vs
BEN”侍”Y’ZD(Y’ZD GYM)

▼第7試合 64kg契約 3分3回戦(延長1R) REDルール
良太郎(池袋BLUE DOG GYM/EBELS-RED ライト級王者)
vs
北川“ハチマキ”和裕(PHOENIX/元REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者、元REBELS-MUAYTHAIライト級王者)

▼第6試合 REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント準決勝 3分3回戦(延長1R) REDルール
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)
vs
宮元啓介(橋本道場)

▼第5試合 REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント準決勝 3分3回戦(延長1R) REDルール
小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)
vs
KING強介(team fightbull)

▼第4試合 65kg契約 3分3回戦(延長1R) BLACKルール
鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
vs
康弘(ゴリラジム)

▼第3試合 65kg契約 3分3回戦(延長1R) BLACKルール
与座優貴(橋本道場)
vs
久保政哉(フリー)

▼第2試合 61kg契約 3分3回戦(延長1R) BLACKルール
中澤良介(TRY HARD GYM)
vs
麻火佑太郎(PHOENIX)

▼第1試合 70.5kg契約 3分3回戦(延長1R) REDルール
渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)
vs
小原俊之(キング・ムエ)

●編集部オススメ

・ぱんちゃん璃奈が元ミネルヴァ王者と対戦決定、元王者・北川“ハチマキ”と現王者・良太郎が激突

・決勝で“小笠原兄弟対決”は実現するか、兄・裕典はKING強介と、弟・瑛作は宮元啓介と激突=11.8「55.5kg級T準決勝」

・ぱんちゃん璃奈「年末のRIZIN狙う」11月大会に圧勝し出場目指す

・元K-1の宮田充氏がKNOCK OUT・レベルスの新プロデューサーに就任「見てわかりやすい形にする」

・女子大生になった川島えりさが“再デビュー”「普通の女の子でも輝ける存在感出す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧