TOP > ニュース 一覧

【JFKO】5.29-30大阪 フルコン空手全日本が無観客開催、マルチアングル生配信決定

2021/05/11(火)UP

JFKO全日本は326の流派団体が加盟することもあり、全くのノーマーク選手が優勝することもある。左は16年に軽量級を制した細川昂大(魚本流)。今回、彼は参戦しないが魚本流からは5名参戦する

 326の流派団体が加盟する(公社)全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO)主催の「第6回全日本フルコンタクト空手道選手権大会」(5/29-30、於大阪府立体育会館)は無観客開催を決定した。チケットは払い戻しとなる。
 これは緊急事態宣言が5月31日まで延長となり、大阪府は延長期間中のスポーツイベントは原則無観客としたため。

 無観客となった今大会だが、生中継をマルチアングルビューで配信することを発表。初日は4台のカメラが入り、4試合場を選択して視聴できる。二日目は試合場が1つになり、マルチアングルで従来のアングルに加えて見たい選手を選んで視聴できる。

高速パンチ女子で注目の目代結菜が参戦

 TIGETのマルチアングルビューを採用し、視聴料は初日、2日目と各5,599円(チケット5,500円+システム手数料99円)となる。なお、2日目には通常のアングルのみ(マルチアングルではない)のライブ配信もLINEライブビューイングで行う。視聴料は4,620円(チケット4,400円+システム手数料220円)となる。

TIGET
初日チケット
決勝日チケット

LINEライブ
決勝日チケット

 

■主なみどころ

入来(右)は昨年新極真全日本を制し参戦、左の山本和也は引退からの復帰戦=写真は16年5月のJFKO重量級決勝

 今年の9月4日(土)・5日(日)に『第1回全世界フルコンタクト空手道選手権大会』を控えることもあり、世界大会出場が決定している選手たちの中には、全日本大会に不参戦のトップ選手もいるが、前回優勝者をはじめ、強豪らが顔を揃えた。
 まず前回優勝者では男子重量級優勝・山口翔大(白蓮会館/男子重量級)をはじめ、男子中量級級優勝・後迫龍輝(新極真会 大阪神戸湾岸支部/男子中量級)、女子では中量級優勝・加藤小也香(新極真会 愛知山本道場/女子中量級)、軽重量級優勝・浅古麗美(社団法人 極真会館 埼玉県木村道場)。

極真会館(松井館長)で優勝した高橋佑汰(高橋道場)が重量級にエントリー

 また前回男子重量級3位で、2020年新極真会全日本優勝・入来建武(新極真会 東京城南川崎支部/重量級)や、17年全日本大会中量級優勝で、20年新極真会全日本では他流派中量級ながらベスト8入賞、最近は空手家YouTuberとしても注目される福地勇人(白蓮会館)も参戦。

 さらに軽量級では、プロキックボクサーとしてK-1グループ等で活躍する”無限ローキック”の伊澤波人(波空会)や、RISEにも参戦するアクセル王者・田渕神太(拳聖塾)らも参戦している。重量級には極真会館(松井館長)の全日本を制した高橋佑汰(高橋道場)は一流派を立ち上げエントリー。
 女子では中量級にRISEで王者・小林愛三に勝利した田渕涼香(拳聖塾)。そして軽重量級では、YouTubeで「高速パンチ女子」として話題の目代結菜(新極真会 東京城南川崎支部)がエントリーしている。

●編集部オススメ

・【みどころ詳細】男子は新極真会vs白蓮会館のリベンジ決勝なるか、RISE、K-1選手も参戦=全日本階級別

・【みどころ詳細】女子は小林愛三に勝った田渕涼香、高速パンチ女子の目代結菜が参戦、加藤小也香は4度目の優勝狙う=全日本階級別

・470万再生の”高速パンチ女子高生”目代結菜、目指すは「空手世界一のリケジョ」

・【RISE】20歳の女子空手家・田渕涼香が大金星、小林愛三からダウン奪い勝利

・【ボクシング】那須川天心とWBA王者・京口紘人のガチスパーに反響、天心のアッパーに京口もお返し

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧