TOP > 試合結果 一覧

【極真館】プーチンのボディガード、決勝戦でコーナーまで追い詰めるもまさかのハイキックが!

2012/07/08(日)UP

プーチンのボディガードのオシポフ(右)がコーナーまで追い詰めたが…

極真空手道連盟 極真館
「2012 KARATE WORLD CHAMPIONSHIP SHINKENSHOBU
全世界ウェイト制空手道選手権大会」
2012年7月8日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館
開場9:00 開会式13:30

▼80kg超級決勝戦
○アレクサンダー・コマノフ(ブルガリア)
延長1回 判定5-0
●セルゲイ・オシポフ(ロシア)
※この試合動画はこちら 

  真剣勝負ルール初の世界大会が開催された。この真剣勝負ルールとは従来の極真空手ルールに顔面突き(オープンフィンガーグローブ着用)、ヒジ打ち(サポー ター着用)、投げ、逆技(立ち関節技)を加えた総合格闘技に近いルールで、今大会は65kg以下級、72kg以下級、80kg以下級、80kg超級の4階 級(各階級8名)で行われた。

 この中で最も注目を浴びたのはロシア連邦警護庁(元KGB第9局)に勤め、プーチン大統領や政府要人を守る警護隊に属しているセルゲイ・オシポフだ。

 1回戦、181cm、92kgのオシポフに対し、ブルガリアのトドール・トドロフは193cm、108kgと体格では大きくオシポフを上回る。開始早々、トドロフは重みのある突き蹴りの連打で前に出るがオシポフはうまく間合いを外し様子を見ながら突きを返していく。

 2分40秒過ぎたところで、オシポフの左フック一発がトドロフのアゴに入りKO、オシポフの一本勝ちとなった。準決勝は対戦相手が負傷のため棄権し、オシポフは不戦勝、決勝に駒を進めた。

  決勝戦の相手はブルガリアのアレクサンダー・コマノフ。176cm、86kgとオシポフよりも小兵ながら多彩な蹴り技を得意とする選手だ。

 開始の太鼓が鳴り、ジリジリ前に出て圧力をかけるオシポフ。コマノフは下がりながら細かく手数を出しながら突き、上 段廻し蹴り、前蹴りなどを繰り出し、オシポフも重く破壊力のある上段廻し蹴り、そして先ほどKOしたフックを何度も振りまわす。本戦3分終了、5人の審判 のうち1人だけオシポフに挙げ、後は引き分け。2分の延長戦に突入。

 1分過ぎ、オシポフがコーナーまで詰めたと思いきや、コマノ フはオシポフの顔面に左の突きを当て、続けて出した左上段廻し蹴りがアゴをとらえる。ここでオシポフが一瞬ぐらつき、ここぞチャンスとばかりにコマノフは 突きのラッシュ!オシポフはクリンチで逃れるも、再開後もコマノフの突き蹴りのラッシュは止まらない。終了の太鼓が鳴り、判定5-0でコマノフの勝利と なった。

※この試合動画はこちら


 

▼80kg以下級決勝戦
○キュレベグ・ミルザエフ(ロシア)
本戦5-0(ミルザエフに技あり)
●ニコライ・ヨルゴフ(ブルガリア)
※この試合動画はこちら 

  183cmのヨルゴフはリーチのある突きでミルザエフの顔面を狙っていく。172cmのミルザエフはパンチをもらわないように距離をとりながら右ローキッ クをヒットさせる。スライディングしながら、そして、ときおりパンチをスウェーでかわしながら低い姿勢から右下段廻し蹴りを叩き込む。

 太ももに徐々にダメージが蓄積していき、ヨルゴフは顔をゆがめ、背を向ける。1分23秒、ミルザエフが下段廻し蹴りによる技ありを奪う。後半、ミルザエフは更に積極的に突き、下段回し蹴りと相手を追い詰め圧勝。

 これでロシアは65kg以下級、72kg以下級、そしてこの80kg以下級と3つ目の栄冠を手にした。

 

次ページ:72kg以下級、65kg以下級もロシア選手 大暴れ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧