TOP > 試合結果 一覧

【ラウェイ】メイン渡慶次引き分けも、北野克樹がヒザ一撃で衝撃の1RKO勝利

2019/07/25(木)UP

渡慶次(右)はバーの突進に手を焼くも左ミドルで主導権を握る

ILFJ
『LETHWEI IN JAPAN 13 ~初志貫徹~』
2019年7月25日(木)東京・後楽園ホール

▼第5試合 74kg契約
△ソー・サー・バー(ミャンマー)
引き分け
△渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)

ペースを握った渡慶次(右)だが、バーに逃げ切られて引き分けに終わった

 渡慶次は押しも押されぬ日本のエース・渡慶次は3連続KO勝利中だが、2月・5月大会と右拳を骨折。7月大会は「拳を折らずに勝つ」ための新たな必殺技を用意していると語っている。

 対するバーは”ミャンマーの暴れん坊”と呼ばれるファイターで、変形パワーボムや変形バックドロップなどの豪快な投げ技で勝利した実績を持つ。8月のラウェイ世界大会出場に向け、日本の雄・渡慶次を撃破し勢いをつけたい。

金メダルを得るも消化不良の表情を見せる渡慶次(左)

 長身からハイキックを見せるバー。渡慶次はガードを固め、カウンターを狙い左ストレートを伸ばす。圧力をかけるバーに渡慶次は要所で左ミドルを打ち込みバーを突き放す。中盤から左ローを多用する渡慶次は、バーの左内ももにヒット。徐々に嫌がる素振りを見せるバーは、渡慶次の左ロー・ミドルに右フックをかぶせる。

 4Rには渡慶次のフェイントからの左ストレートがバーの顔面をとらえ尻もちをつかせるが、すぐに立ち上がったためダウン判定無し。しかしダメージがある様子でバーが逃げ始める。明らかにローを嫌がるバーは続く5Rも逃げに徹し、渡慶次の追撃を振り切る。最後まで渡慶次はバーを追い続けたが、とらえ切ることができず試合終了のゴング。3連続目になる勝利をもぎ取ることがはできなかった。

▶︎次ページは初出場のWBCムエタイ日本統一スーパーライト級の北野がTKO勝利

●編集部オススメ

・渡慶次幸平が4連続KO目指す、相手は変形パワーボムの使い手

・三冠王のキックボクサー・北野克樹が、過激格闘技に初挑戦

・渡慶次幸平、北野克樹ら強豪ミャンマー人対決へ前日計量パス

・宿敵・スアキムをKOした那須川天心「パンチ、蹴りの殺傷能力がついた」

・【ボクシング】井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、ミスマガジンの岡田佑里乃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧