TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】鈴木宙樹が圧倒的破壊力見せつけ1R TKO勝利、プロ12戦無敗を達成

2019/08/11(日)UP

鈴木(右)が圧勝して会場を沸かせた

Def Fellow
REBELS.62
2019年8月10日(土)東京・後楽園ホール

メインイベント 第12試合 60kg級 33R(延長あり) REBELSルール
◯鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺/REBELS 60kg級王者)
TKO 1R 1
52秒 ※右フック
琢磨(東京町田金子ジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)

 鈴木は今年6月、10戦全勝(7KO)のパーフェクトレコードを引っ提げREBELS 60kg王座決定戦に出場。WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・葵拳士郎(マイウェイジム)と対戦しフルマークの判定勝利を収めてタイトル獲得。伸びのある天性のパンチに加え、元ボクシング日本二階級制覇王者・高橋ナオト氏より伝授されたテクニックを武器に、今やREBELSきっての倒し屋として活躍を見せている。

 対する琢磨は、パンチを武器にNJKFを主戦場として戦う元WBCムエタイ日本王者。脊髄損傷の大怪我からカムバックし、20172月にNJKFフェザー級王座、同年11月にWBCムエタイスーパーフェザー級王座を獲得した。今年2月のWBCムエタイ初防衛戦で葵拳士郎に敗北、また6月には駿太(谷山ジム)に左フック一撃でKO負けし2連敗を喫しているが、その闘志に陰りはない。

飛びヒザを見舞う鈴木(左)

 1R、琢磨が右ローで先制すると、鈴木はすぐさま左ローを返す。鈴木は前進して強烈な左ボディから右のヒザ蹴りに繋げると琢磨の動きが鈍くなる。さらに相手の右ローに合わせて右ストレートをクリーンヒットさせてコーナーに詰めると、左ボディから飛びヒザ、右ストレートと猛攻。琢磨はなぎ倒されるように倒れて、鈴木が先制のダウンを奪う。

 琢磨が立ち上がると、さらに右のヒザをボディに突き刺しすと、パンチを容赦なく連打し、琢磨が一方的に打たれる展開に。渾身の右フックがヒットしたところでレフリーが試合をストップ。相手に何もさせずに圧倒した鈴木がTKO勝利し、完全決着が多かった今大会をTKOで締めた。

 勝利した鈴木は、「今回KOすることができたので、大月(晴明)選手とREBELSで自分と試合させてください」と元Krush -60kg王者で高いKO率を誇る”爆腕”大月晴明との対戦をアピールした。

▶︎次ページはスアレックvs翔センチャイジム

●編集部オススメ

・無敗の倒し屋・鈴木宙樹が元WBC王者琢磨と対戦決定

・鈴木宙樹が無敗のまま戴冠、WBC日本王者・葵に勝利

・琢磨が善戦するも駿太に2RKO負け(記事上段)

・美女キックボクサー ぱんちゃん璃奈が計量クリア、経験上回るシウに下克上宣言

・美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧