TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】王者・勝次が潘隆成の技巧を崩せず連敗、注目のモデルキックボクサー・アリスは初黒星

2020/09/27(日)UP

勝次の突進を技巧で封じた潘が判定勝利

新日本キックボクシング協会
『TITANS NEOS 27』
2020年9月27日(日)東京・後楽園ホール

▼第9試合 スペシャルメインイベント 63.6kg契約 3分3R 
●勝次(藤本ジム)
判定0-3 ※28-30、28-30、29-30
〇潘 隆成(クロスポイント吉祥寺)

潘は得意の右ローキック、左ミドルをタイミング良く当て勝次にダメージを積み重ねた

 勝次はキャリア12年目にして新日本キックライト級の王者に。昨年10月にはWKBA世界スーパーライト級王座決定戦に勝利し、悲願の世界王座奪取した。今年1月の所属ジム閉鎖、そして恩師・藤本勲会長の逝去を受け、本大会は「藤本ジム」所属として参戦する。

 対する潘は元WPMF日本スーパーライト級王者の肩書きを持ち、レベルスの次世代エースと期待される強豪。昨年10月から約半年間のタイ修行を経て、さらなる飛躍を目指す。

 1R、勝次が開幕にいきなり右ストレートを強打。潘は細かいフェイントから右ローを立て続けにヒット。コンパクトながら強烈な一撃に、勝次がバランスを崩すシーンも見られる。ラウンド終盤には勝次が強引に前に出て、右ストレートをヒットさせる。

 2R、至近距離で勝次が左右フックを連打。潘が右ミドルで押し返し、ガードを固めながら右ローを強くヒットさせる。中盤からは前蹴りも使い勝次を懐に入れさせない潘は、ローからミドルの左の蹴り連打を見せる。
 潘のローが効いたか、勝次が左前足を何度も滑らせる。強引な前進から左右フック連打で潘のガードをこじ開けようとする勝次だが、潘は落ち着いて左ミドルから右ローを刻んでいく。

タイ修行からの帰国後初勝利を収めた潘がチームメイトと喜びを分かち合った

 3R、勝次が至近距離でパンチをまとめヒットを奪うも、タイミングよく足を払い勝次を転ばせ連打を中断するのが潘。勝次は強引なパンチ連打で何度か潘のガードをこじ開けるが、入り際に合わせた潘の右縦ヒジで勝次が右まゆ上をカットする。
 傷は浅く再開すると、潘は左ミドルを強打し勝次を突き放す。最後まで強引に前進する勝次の連打でヒヤリとするシーンはあったが、潘が致命打を許さないまま試合終了のゴング。ペースを守りきった潘がジャッジ3者の支持を集め勝利。勝次は2月に続き悔しい連敗となった。

▶次ページはリカルド・ブラボ、高橋亨汰の新日本王者勢

●編集部オススメ

・勝次が計量パス、亡き恩師・藤本会長へ勝利誓う

・モデルと二刀流のアリス、1年半ぶりの2戦目に「もう一回デビューみたい」=前日計量

・勝次、閉鎖の藤本ジム所属で試合に挑む経緯を語る、伊原会長も応援

・江幡睦と塁が親友・三浦春馬を追悼、10年前にも共にリングイン

・【RIZIN】江幡睦、2度のダウン奪い良星に勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧