TOP > 試合結果 一覧

【バトルハザード】元DEEP王者・今成正和に“公園柔術家”岩本健汰が一本勝ち「無差別級でもやります」

2020/11/24(火)UP

岩本健汰が今成正和から肩固め一本勝ち

ZST実行委員会/ZSTインターナショナル
『BATTLE HAZARD 08』

2020年11月22日(日) 東京・GENスポーツパレス

▼第11試合 グラップリング ノーポイント・サブオンリー 67.0kg以下契約 15分
○岩本健汰(IGLOO)
一本 14分21秒 ※肩固め
●今成正和(今成柔術)

今成は引き込み、岩本はパスを狙う

 今成はブラジリアン柔術の黒帯を持ち、“足関十段”の異名を持つ足関節技の達人。DEEPで2階級制覇を達成し、近年はアジア最大の格闘技団体『ONE』に参戦している。

 対する岩本は、早稲田大学大学院で物理を学び、大学近くの戸山公園(新宿区)でジョイントマットを敷き練習を積むという変わり種。2019年11月の第8回全日本ノーギ柔術選手権・アダルトエキスパートライト級、アダルトエキスパートオープンクラスで優勝し2冠達成、今年3月の『ZSTグラップリングトーナメント フェザー級王者決定戦』では3試合すべてを一本勝ちで優勝している。

 1R、引き込んだ今成に対し、岩本は身体を密着させてパスガード狙い。あっという間に肩固めを仕掛けていく。極めきれないとみるやバックに付いてスリーパー。

 耐える今成はアキレス腱固めにいくと、これを脱出した岩本は再び肩固めへ。これがガッチリと決まり、岩本が一本勝ちでレジェンド超えを果たした。

マイクを握る岩本

 マイクを握った岩本は「19歳で大学に入ると同時にグラップリングを始めて、今は道に迷いながらもできています。ひとつ言えることはグラップリングには自信があります。今日は勝ちましたけど、全然、満足していないし、もっと強くなれるし、信じてやっていきます。来てくれた人、応援してくれる決して多くはいない人たちに感謝します」と勝利のあいさつ。

『BATTLE HAZARD 08』出場選手ら

 勝村周一郎プロデューサーが今後について聞くと「階級を上げての挑戦や無差別級でもやります」と答えた。

写真、レポート提供:ZST事務局

▶次ページは杉内由紀vs坂元和子、米倉大貴vs高橋“SUBMISSION”雄己、谷井翔太vs松本大輔

●編集部オススメ

・今成正和と岩本健汰がグラップリング対決、サップ戦アピールの平が無差別級で関根シュレックと激突

・【RIZIN】リオ五輪レスリング銀・太田忍がMMA転向を表明、大晦日デビューの相手は所英男

・【RIZIN】朝倉未来vs斎藤裕、紙一重の判定ポイントを分析する

・【柔術】イゴールタナベが関根シュレックに完勝、芝本が9連覇・夫婦でW優勝=全日本選手権

・【フィットネス】筋肉アイドル才木玲佳、美ボディコンテスト初出場で優勝、全国大会進出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧