TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】健太が豪快連打で勝利、髙橋一眞のカーフキックをしのぎ切る

2021/02/12(金)UP

強烈なパンチをふるう健太

ニュージャパンキックボクシング連盟
『NJKF 2021 1st』
2021年2月12日(金)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインII スーパーファイト 61.3kg契約 3分5R
〇健太(E.S.G/元WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
判定2-0 ※49-49、49-48×2
●髙橋一眞(真門/NKBライト級王者)

 健太は長くNJKFをけん引してきた大ベテランで、90戦近いキャリアを誇る。近年では、世界の強豪が揃うONEにも参戦し、着実に実績を積んでいる。試合間隔を空けずに戦うことでも知られており”月イチ健太”の異名を持つ。昨年の10月には、新日本キックの舞台で髙橋亨汰と対戦し、判定負け。今回が再起戦となる。

 対する髙橋は、NKBライト級王者であり、全員がNKB王者である”髙橋三兄弟”の長男。冷静な試合運びと激しい打ち合いを両立させるスタイルで”怒突き合いお兄ちゃん”の異名を持つ。昨年の9月には、KNOCK OUTの舞台で、創世のタイガGRAND PRIX 61.5kg RED 初代王座決定トーナメントに出場したが、スアレックの強打の前に、延長のTKO負けを喫した。

 1R、健太がスイッチしながら変則的な左ロー、左ミドルを蹴る。髙橋は右構えで右のカーフキック、健太も負けじと右ローを蹴り返す。随所で伸びる左右のハイキック狙う健太。髙橋はガードを高くする。

 2R、髙橋は徹底して左右のローやカーフキックを蹴り、左ミドルまで繋ぐ。健太は遠い距離から右フックで襲い掛かり、左ミドルで快音を響かせる。

 3Rになると、健太が右ストレートからの右ロー、髙橋は右の前蹴りで牽制し、左ミドルで距離を取る。

髙橋のカーフキック

 4R、髙橋は左ジャブを多用し、左右のローを蹴り込む。健太は、遠い距離から飛び込み左右のボディフック、右ストレート、右の縦ヒジとコンビネーションを見せる。髙橋も左ミドルで応戦するが、健太が好印象を残す。

 5R、序盤から蹴り続けた髙橋の左右のローキックが効き目を発揮して、健太の足が流れる。だが、健太が接近戦に持ち込み、左右のフックから右ストレート、右縦ヒジと攻撃をまとめる連打。髙橋も左ヒザ蹴りを健太のボディに突き刺すが、健太の強打に押され気味。

 ジャッジ1名は、ドローと付けたが、残りの2者は健太を支持。健太が再起戦を接戦で制した。試合後、健太は「スカ勝ちしたかった」と振り返り、「21年も盛り上げていきます」と意気込んだ。

●編集部オススメ

・【NJKF】健太が自身最軽量の61.3kg契約、“怒突き合いお兄ちゃん”髙橋一眞と対戦=2.12

・髙橋 一眞、スアレックの強打に無念のTKO負け

・勝次がNJKF王者・畠山にダウン奪われ敗れる、高橋亨汰が健太に起死回生の勝利

・IQレスラー桜庭が10年前にカーフキック類似ワザ使用の発言”内側からアキレス腱蹴り”

・【ミネルヴァ】erika♡が百花に勝利しアトム級新王者に、Ayakaと聖愛は防衛成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧