TOP > 試合結果 一覧

【BOM】梅野源治がキヨソンセンに完勝しリベンジ果たす、石井一成がボディ攻め鮮烈KO勝利=4.11第2部

2021/04/11(日)UP

梅野がキヨソンセンに判定勝ち、昨年12月のリベンジ成る

株式会社BOMプロモーション
『BOM ~ The Battle Of MuayThai 〜BOM WAVE04 – Get Over The COVID-19 –』【第2部】
2021年4月11日(土)神奈川・横浜大さん橋ホール

▼第12試合 BOM ライト級(61.23kg)タイトルマッチ3分5R(延長なし)(肘あり)
○梅野 源治(PHOENIX)
判定3-0 ※49-48、49-47、49-48
●キヨソンセン ・フライスカイジム(FLYSKY GYM)

梅野は得意の左右ミドルでキヨソンセンにペース渡さず

 梅野は“日本ムエタイ界の至宝”と称される国内トップムエタイファイター。16年10月にラジャダムナンスタジアム認定ライト級王座を獲得しその名を世界に轟かせた。一方のキヨソンセンはムエタイの二大殿堂であるラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムなどで200戦近くを経験したベテラン。日本国内では次々にヒジによるTKO勝利を重ね”毒針エルボー”の異名を持つ。

 両者は昨年12月に対戦。梅野有利の声があがる中、キヨソンセンがヒジで梅野からカットを奪い、判定勝利をもぎ取る番狂わせを見せた。今回はBOMタイトルマッチに舞台を移し再戦を迎える。

 1R、梅野が左のミドル・ロー、左ジャブからワンツーと遠距離から仕掛ける。キヨソンセンは梅野の打ち終わりに右ロー、左フックを合わせ、梅野の蹴り足をつかみこかしを狙う。まだヒジは見せない。オープンスコアは1者が10-9で梅野を支持。

前進するキヨソンセンに梅野は右ストレート

 2R、梅野が左ミドルでプレッシャーをかけ前進。キヨソンセンは右ロー、左右フックを振るが、梅野は遠距離から踏み込んだ右ストレートを見せる。終盤にキヨソンセンが梅野の蹴り足をつかみ、離れ際に左の縦ヒジ。梅野がお返しとばかりにキヨソンセンの蹴り足をつかみ、こかしたところでラウンド終了のゴング。オープンスコアはジャッジ1者が梅野。

 3R、梅野が左ミドルでプレッシャーをかけ続ける。キヨソンセンはあまり手が出ず、組みに行っても梅野がフックを引っかけ組ませない。組めても梅野が頭を密着させ、ヒジを出すスペースを与えず。梅野が左右ミドル、ローでペースを握る。このラウンドは全ジャッジが梅野優勢の10-9をマークする。

 4R、パンチの手数を増やしたキヨソンセンが左右フックを振り前進。左ミドルで迎え撃つ梅野へ右フックをヒットさせるが、梅野は両手を広げ効いていないアピールを見せる。キヨソンセンは梅野の蹴り足をつかみ、離し際に右ミドル、右飛び膝蹴り。足をつかんだまま梅野を振り回すシーンも見せる。梅野はスイッチして右ミドル、戻して左ジャブと、距離を保ち続ける。

リベンジ達成と同時にBOMライト級王座防衛に成功

 5R、パンチを振り回し距離を詰めるキヨソンセン。足を使いながら左ミドルで応戦する梅野は、キヨソンセンのクリーンヒットを許さない。攻め手が無くなったか、キヨソンセンの手がでなくなると梅野はリングを回り流しへ。3分間が経過し、最終ラウンド終了のゴングが鳴った。

 判定は全ジャッジが梅野の勝利を支持。梅野がリベンジを果たすと同時にBOMライト級タイトルの防衛に成功した。

▶︎次ページは、イッセイ・ウォー・ワンチャイvsサンチャイ・TEPPEN GYM戦

●編集部オススメ

・王者・吉成名高、石井一成のタイ人相手がコロナで入国できず、急遽変更

・石井一成のWBCムエタイ世界スーパーフライ級王座挑戦が決定、梅野源治がキヨソンセンとのリベンジマッチに挑む=4.11第2部

・吉成名高がWBCムエタイ世界フライ級王座に挑戦、竜哉、HIROYUKIら参戦決定=4.11第1部

・スアキム返上の王座トーナメントに健太が参戦、スアキムは引退説を否定

・【キック】美筋グラドル犬童美乃梨、ぱんちゃん璃奈相手に“人生初スパーリング”「頭使うけど楽しかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧