TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】大樹が岩郷泰成に判定勝利、-60kg新王者に

2021/07/13(火)UP

岩郷の顔に強烈なパンチを見舞う大樹(左)

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 54』
2021年7月4日(日)テクスピア大阪

▼メインイベント DEEP☆KICK-60kg王座決定トーナメント決勝 3分3R 延長1R
●岩郷泰成(TFT)
判定1-2 ※29-30、30-29、28-29
○大樹(HAWK GYM)
※大樹が-60kg第8代王者に

エンジン全開で攻める岩郷(右)

 4月11日に行なわれた準決勝で勝利を収めた岩郷と大樹がDEEP☆KICK-60㎏王座決定トーナメント決勝で相対した。セコンドに思い切り頬を張られ、気合を入れた岩郷は1Rからエンジン全開。右のミドルやストレート、さらにワンツーやバックハンドと矢継ぎ早に攻め続け、大樹に付け入るスキを与えない。

 2R、両者とも熱くなり、必要以上のホールドやブレイクがかかっても攻撃を止めない。離れたら、お互い譲ることなく、果敢に打ち合う。

 3R、尻上がりに調子を上げた大樹はパンチとローを中心に試合の主導権を握る。負けじと岩郷もやり返すが、勢いは大樹の方が上。このラウンドの攻勢点がものをいったのか、判定は2-1のスプリット・デシジョンで大樹。石川県で生まれ育ち、現地でキックを続ける男がDEEP☆KICK-60㎏王座のチャンピオンベルトを腰に巻いた。

 試合後、大樹は「次はDEEP☆KICKの-57.5㎏の王座を獲りたい。現王者の宮崎就斗選手には一度勝っています。宮崎選手、またお願いします」と宣戦布告。2階級制覇を宣言した。


翔磨(右)とFUJIMON♡(左)は判定でドローに

▼セミファイナル DEEP☆KICK-55kg契約 3分3R
△翔磨(多田ジム)
判定0-0 ※29-29、29-29、29-29
△FUJIMON♡(京都亀岡キックボクシングジム)

 1R、翔磨が試合の主導権を握る。じっくりと見るスタイルをとったFUJIMON♡に対して、左の攻撃を軸にプレッシャーをかけていく。左ストレートでFUJIMON♡がグラつく場面も。

 2R、FUJIMON♡はエンターテイナーぶりを発揮。翔磨に「もっと打ってこいよ」とジェスチャーで挑発する場面もあったが、逆に左のカーフキックを効かされてしまう。FUJIMON♡はバックハンドを繰り出すが、反撃の糸口にはならない。

 2Rが終わった時点でのオープンスコアは三者とも20-19で翔磨。果たして3R、逆転を狙うFUJIMON♡は右ローで相手を下がらせる。2分30分過ぎには怒濤の4連打。強引に試合の流れをたぐり寄せる。このラウンドは明らかにFUJIMON♡のものだったが、2Rまでのマイナスポイントが響き、判定はドロー。延長戦が観たいセミファイナルだった。

▶︎次ページはRAIvs常陸飛雄馬、翔太郎vs侑毅、有馬伶弐vs櫻井心

●編集部オススメ

・[同日開催]70㎏級初戦の稲井良弥が慎太郎にTKO勝ち、王座挑戦へ前進【DEEP☆KICK 53】

・【RISE】7.18大阪大会の試合順が決定、上位4試合は53kg級T1回戦、元K-1王者・大雅や元WBA王者テーパリットも参戦

・【KNOCK OUT】小笠原瑛作の相手が急遽元DEEP☆KICK王者・横野洋に変更、大田拓真の欠場により=7.18

・“人獣”中村寛が元K-1王者・大雅を“残酷”KO宣言「非日常的なヤバイ、怖いという試合を見せる」=7.18大阪

・【K-1】ゆきぽよ、ラウンドガールに初挑戦! 5月には鍛えた美ボディ写真集発売し話題に=7.17福岡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧