TOP > 試合結果 一覧

【NO KICK NO LIFE】引退試合の前口太尊、森井洋介に回転ヒジ打ちでKO負け、HIROYUKIは右ハイキックで鮮烈KO勝利

2021/07/22(木)UP

森井(左)が引退試合に臨んだ前口(右)をKOした

株式会社RIKIX
『NO KICK NO LIFE 新章〜唯我独尊〜』
2021年7月22日(木・祝)東京・USEN STUDIO COAST

▼メインイベント 61.5kg契約 3分5R 前口太尊引退試合
●前口太尊(TEAM TEPPEN)
KO 2R 3分02秒 ※右回転ヒジ打ち
◯森井洋介(野良犬道場)

 前口は常に激戦を展開しファンを沸かせてきた戦績40戦を越えるベテランファイター。17年8月にKNOCK OUTの「KING OF KNOCK OUT ライト級王座決定トーナメント準決勝」で見せた勝次との大激闘は、団体ベストバウトの一つとして高い評価を受けている。昨年はRISEに参戦し、9月の『RISE142』で同じく激闘ファイトで人気の“狂犬”こと森本義久と大激闘の末に勝利し、続く12月に一馬と戦い、3度のダウンと壮絶なKO負けも会場を大きく沸かせた。今回でファイナルマッチとなる。

 森井は、本大会のプロデューサーである小野寺力氏が以前プロデューサーを務めていたKNOCK OUTに旗揚げから参戦し、”Mr.KNOCK OUT”の異名も持つ激闘王。19年にチャンヒョン・リー、原口健飛に連続KO負けを喫し、約1年リングから姿を消したが、昨年10月のNO KICK NO LIFEで復帰。翔貴とのダウン応酬の激戦を制し、続く今年2月の『NO KICK NO LIFE 新章-雲外蒼天- 』で永澤サムエル聖光を判定で下し、連勝と波に乗っている。

 1R、速いステップを踏む両者。森井の左ローに前口は右ローで応戦。両者ともバックスピンキックを見せる。森井が右ストレートで飛び込むと、前口は左右のフックを見舞う。前口はパンチでの打ち合いは仕掛けず、慎重な立ち上がりだ。

 2R、森井が左フックで先制すると、前口は左ミドルを返す。前口が右のボディストレートをヒット、右の回転ヒジ打ちを強打する。森井の左フックに前口が右バックブローを放つ。すると、そこに森井が右の回転ヒジ打ちをクリーンヒット。前口が横向きに倒れてダウン。何とか立ち上がろうとする前口だが、立ち上がることが出来ず。森井がKO勝利を飾った。

 勝利した森井は、対戦した前口に向かって「前口選手ありがとうございました。同世代で凌ぎを削って来た選手が引退は悲しいですが、第2の人生を頑張ってください。もうライバルではないので、先輩として飲みに連れて行ってください」と呼びかけた。

 引退セレモニーでは、同門の那須川天心や所属ジムの那須川弘幸会長らから花束が贈られた。

 マイクを握った前口は「2年前くらいに所属していたジムで加藤会長が都合で辞めて、キックを引退しようと考えていましたが、那須川会長にまだ出しきれていないと言われて移籍して、悔いなくやってこれました。那須川会長ありがとうございました」と那須川天心の父・弘幸会長に挨拶。対戦した森井にも感謝を述べた。

 また最愛の妻・マリコさんには「いつも迷惑をかけたので、この場で感謝の気持ちを伝えたいです。いつもありがとうございます。これからもお願いします」と感謝のコメントを残して、10カウントゴングを聞いた。

▶︎次ページは、緑川創vs.憂也、HIROYUKIvs.鳩

●編集部オススメ

・【NO KICK NO LIFE】”永遠の反抗期”前口太尊が“激闘必至”の引退試合、指名した相手は“野良犬2世”森井洋介=7.22

・【RISE】前口太尊が森本“狂犬”との壮絶殴り合いを制す

・【NO KICK NO LIFE】石井一成、カット流血も怒涛の連打で勝利!宮元啓介が“三日月蹴り”ボディ攻めで競り勝つ

・【キック】石井一成がヒジ打ちで圧巻KO勝利、福田海斗が本場ムエタイの実力示す、小林愛三は判定勝利=NO KICK NO LIFE

・[昨年10月大会]大貫彩香、鈴木ふみ奈、松嶋えいみ、まいてぃの豪華メンバーがラウンドガールに決定(写真10枚)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧