TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】寺山遼冴が初防衛に成功「次は55kgに上げて、変わった姿を見せたい」=9.23大阪

2021/09/28(火)UP

寺山遼冴が初防衛に成功

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 55』
9月23日(木・祝)テクスピア大阪

パンチを振るう寺山

▼メインイベント DEEP☆KICK-53kgタイトルマッチ 3分3R
○寺山遼冴 (TEPPEN GYM)
判定3-0 ※30-25×3
●勇馬 (山口道場)
※寺山が初防衛に成功

蹴りを放つ寺山

 昨年9月、王座決定トーナメントを制して第3代DEEP☆KICK-53kg王者となった寺山の初防衛戦。寺山は開始早々から左フックを強振して会場を沸かせる。昨年7月に同トーナメント1回戦で寺山に敗れている同級3位の勇馬はリベンジを期してローを中心にパンチも交えて攻めるが、1R終盤には寺山のワンツーで勇馬がダウン。

 2R、寺山はパンチから左ハイを入れて攻めていく。勝機を探してしゃにむに突っ込む勇馬がバッティングを入れてしまい中断となるも、再開後、寺山はさらに左ハイを決める。勇馬もボディなどで反撃の機会を探るが、寺山は右フックやヒザ蹴りで追い打ち。

勇馬も蹴りを放つ

 3R、勇馬は前蹴りやコーナーに詰めてのボディ、右ハイなども見せて逆転を図るが、寺山は冷静に対応。左フックや左ミドル、コンビネーションで攻めていき、ヒザでダウンを奪う。さらに畳みかける寺山に、勇馬も最後までパンチで立ち向かおうとするが、寺山の攻めに糸口を見出せず、3R終了のゴングを聞くことに。判定は三者とも30-25の3-0で寺山。
 この日、RISE横浜大会ではメインで那須川天心vs鈴木真彦の一戦が行われており、期せずして東西両方のメインで「TEPPEN GYM vs 山口道場」の構図となったが、結果としてはTEPPEN GYMが東西両方を制した形だ。

寺山は-53kgの卒業を示唆

 初防衛に成功した寺山はマイクで「今回、-53kgのラストマッチだったんですけど、しっかり防衛できてよかったです。今日は動きが悪かったんですけど、次は階級を上げて、強い人ばっかりいるので、強くなって勝っていきたいと思います」と、-53kgの卒業を示唆。

 試合後のコメントでは「53kgはけっこう無理矢理で、集中力とか途切れた部分があったので、その部分で動きが悪かったのかなと。でも1回でも防衛しないとダメだと思うので、頑張って落としました。次は55kgに上げて、変わった姿を見せたいと思います。今日の相手はスピードとか強かったし、山口道場なのでプレッシャーとかも強く感じました。そこに自分の課題も感じたので、次は直したいです。今後もDEEP☆KICKには話があれば出ていきたいです。初めてタイトルを獲った団体で、思い入れもありますから」と語った。

▶次ページはDEEP☆KICK-70kg挑戦者決定トーナメント決勝(龍威地vs稲井良弥)、山畑雄摩vsKENTA

●編集部オススメ

・【DEEP KICK】寺山遼冴が勝利、RISE QUEEN寺山日葵と姉弟でキック王者に「これからもっと強くなる」

・【DEEP KICK】憂也、藤阪弘樹を倒し65kg級新王者に

・【DEEP KICK】70㎏級初戦の稲井良弥が慎太郎にTKO勝ち、王座挑戦へ前進

・【RISE】女同士の壮絶バトルは女帝・寺山日葵が激闘を制す、無敗の17歳女子高生AKARIを下し初防衛に成功

・【RISE】寺山日葵が紅絹を振り切り女王対決を制す、那須川梨々は百花にリベンジ成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧