TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】進撃の祐基が-70kg次期挑戦者に決定、昼大会は本戦5試合オールKO決着=7.24大阪

2022/07/30(土)UP

進撃の祐基(右)が-70kg次期挑戦者に決定

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK ZERO 04』

2022年7月24日(日)大阪・176BOX

 7月24日に大阪・176BOXで行なわれた『DEEP☆KICK ZERO 04』は同会場で昼の部として行なわれた『DEEP☆KICK ZERO 03』に続き、第3試合まで連続KOという盛り上がりを見せた。その後はクロスゲームが多く、判定を聞くまでどちらが勝つかわからない接戦が多かった。シーソーゲームもキックの醍醐味のひとつだ。次回DEEP☆KICKは9月25日、ホームといえる泉大津のテクスピア大阪で行なわれる。

▼メインイベント DEEP☆KICK-70kg挑戦者決定トーナメント決勝 3分3R 延長1R
○進撃の祐基(京都亀岡キックボクシングジム)
判定3-0 ※30-28×2、30-27
●龍威地(NJKF ARENA)
※進撃の祐基が-70kg次期挑戦者に決定

膝を繰り出す進撃の祐基

 ZERO 04のトリでは進撃の祐基(京都亀岡キックボクシングジム)と龍威地(NJKF ARENA)によるDEEP☆KICK-70㎏挑戦者決定トーナメント決勝戦が組まれた。

 1R、身長が9㎝も高い祐甚は左ミドルの連打からロー。さらに左のミドルハイを龍威地の肩口にヒットさせる。龍威地がローブローを受け試合が中断する場面もあったが、1Rは手数で祐甚がとってもおかしくないラウンドだった。

 2Rになると龍威地は前に出て右ミドル。これを祐甚はヒザでカットし、ミドルやヒザで応戦する。このラウンドまでのオープンスコアは二者が20-20とイーブンで、残るひとりは20-19で祐甚を支持していた。

攻める龍威地

 3R、祐甚は左フックで先制のダウンを奪うが、そのまま試合が彼に傾くことはなかった。その後少なくとも2ポイントはビハインドの龍威地は怒濤の逆襲に転じ祐甚をグラつかせる。龍威地が右を効かせると、ロープを背にした祐甚が動けなくなってしまう場面も。絶体絶命のピンチ。ここぞとばかりに龍威地はパンチの4連打で追い打ちをかける。祐甚はダウン寸前といっていいほどのダメージを受けていたが、驚異的なタフネスぶりを見せ、倒れることなく3R終了のゴングを聞いた。

 判定は明確なダウンを奪ったポイントが響き3-0で祐甚。正直、2Rまでは静かすぎる試合展開だったが、3Rになってから試合は一気にヒートアップした。9月大会で祐甚は第4代王者の稲井良弥(TARGET)に挑戦する。


足利也真登(右)が-63kg挑戦者決定トーナメント決勝進出

▼セミファイナル DEEP☆KICK-63kg挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R 延長1R
○足利也真登(FightClubRush)
判定3-0 ※30-29×2、28-30
●奥山雅仁(OISHI GYM)
※足利也真登が-63kg挑戦者決定トーナメント決勝に進出

ヒザを放つ奥山雅仁

 今年3月には痛烈な右で久保田有哉を倒した奥山雅仁(OISHI GYM)がDEEP☆KICKに再登場を果たし、足利也真登(=あしかが・やまと/FightClubRush)と-63㎏挑戦者決定トーナメント準決勝を争った。奥山は去る6月に村田義光を撃破しシュートボクシング認定日本ウェルター級王者になった奥山貴大の実弟だ。

 1R、奥山は左ジャブで足利の顎を上げぐらつかせる。しかし負けじと足利は右を返すなど、奥山に試合の流れを渡さない。

 2Rになると、足利は持ち前のパワーを活かしワンツーから更にパンチの4連打を見せる。奥山が右ハイを打つと、それをかわしてワンツー。相手の攻撃が一瞬効いた感もあったが、足利は前進を止めない。

ボディを打つ足利也真登

 3Rになると序盤から両者激しく攻撃し合う。奥山がローで攻めれば、足利はパンチで応戦。見方によっては延長戦、あるいは奥山に挙がってもおかしくない流れだったが、ジャッジは2-1で足利を支持した。

 試合後、マイクを握った足利は「皆さん、元気ですかぁ~」とシャウト。続けて「スカッと勝ちたかった。僕は36歳だけど、まだまだオッサン負けへんでというところを見せたい」と決勝に向けての抱負を語った。

▶次ページは『DEEP☆KICK ZERO 04』第4~2試合結果

●編集部オススメ

・【DEEP KICK】大樹が初防衛に成功、KING龍蔵が57.5kg挑戦者T決勝進出

・【DEEP KICK】大前洸貴が-60kg次期挑戦者に決定、長谷川海翔とKAZUNORIが-53kg王座決定トーナメント決勝に進出

・片腕のキックボクサーが怒涛の1R KO勝利、WBCムエタイ・カナダ王座を奪取する

・藤あや子に聞く、”還暦ビキニ”を作ったキックボクシングと食事

・“かかと落とし”からの秒殺KO劇! 何と相手は立ったまま失神=英MTGP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧