TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】稲井良弥がKO勝利で初防衛、KING龍蔵と竹内皇貴が王座挑戦者に決定=9.25大阪

2022/09/29(木)UP

和田哲平がTKO勝利

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 63』

2022年9月25日(日)テクスピア大阪

▼第2試合 DEEP☆KICK-68kg契約 3分3R
〇和田哲平(FFT)
TKO 2R 2分51秒 ※レフェリーストップ
●田邉雅弥(Blaze)

パンチを放つ和田哲平

 デビュー戦となる和田哲平とプロ1戦1勝の田邉雅弥の1戦。互いに1Rから重く威力のある蹴り・パンチを交差させていくと、和田はカーフキックを度々ヒットさせる。対する田邉はカーフに合わせてパンチを狙うも捉えきれない。

 2Rに勝負が動いた。ロー・ハイからパンチを狙う田邉に対し和田は左右のフックでダメージを与えると、カーフキックを意識させてからのハイキックでダウンを奪う。立った田邉だがお次は1Rより蓄積させたカーフキックで2度目のダウン。

 最後は再びカーフキックでダウンを奪い3ノックダウンにてレフェリーストップ。和田がデビュー戦を見事TKO勝利で飾った。


力哉が勝利

▼第1試合 DEEP☆KICK-55kg挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R 延長1R
●玲翔(NJKF Vigor Kickboxing Gym)
TKO 3R 44秒 ※レフェリーストップ
〇力哉(BKジム)
※力哉が-55kg挑戦者決定トーナメント決勝に進出

玲翔からダウンを奪う力哉

 今大会より始まるDEEP☆KICK-55kg挑戦者決定トーナメント。準決勝として同級ランキング8位の玲翔(NJKF Vigor Kickboxing Gym)と5位の力哉(BKジム)が激突した。

 1R、前蹴りやロー・ミドルを軸に蹴り技で対応する玲翔とパンチを軸に踏み込んでくる力哉という構図に。互いにヒットポイントも稼いでいくも大きな差が出た印象はない。

 2R、今度はストレートなどのパンチを軸に膝に繋ぐよう切り替えた玲翔に対し、力哉は早い出入りを繰り返しながらパンチで圧をかけてローを当てていく。互いに変わらずいい部分を出していくも決め手となる一発は出ず2Rが終了。オープンジャッジは1-1と三者三様のイーブンとなる。(20-19、19-19、19-20)

力哉が-55kg挑戦者決定トーナメント決勝に進出

 勝負が決まる3R、決め手は一瞬で訪れた。互いにパンチを軸に打ち合いが繰り広げられる中、力哉は玲翔をロープ際に詰めていくとパンチをちょんちょんと当てながら強烈な左ボディでダウンを奪取。苦痛の表情を浮かべながら立つ玲翔だったが、決めに来た力哉の再びフェイントからの左ボディでダウン。
 レフェリーが試合を止め3R 44秒、一気に試合を決めた力哉が-55kg挑戦者決定トーナメント決勝への進出を打ち取った。


岸佑樹が勝利

〈オープニングイベント〉NEXT☆LEVEL提供試合

▼OP第3試合 -51kg契約 1分30秒2R
○岸佑樹(NJKF健心塾)
判定3-0 ※三者とも20-18
●河原琉空(Remake)

 スパイダーダンスでノリノリに入場した岸佑樹と滋賀県からの刺客、河原琉空の1戦はOPファイトながらヘッドギア無しで行われた。序盤からパンチに蹴りとバランスよく繰り出した岸が流れを掴む。2R、ローや入り際の左フックで挽回したい河原だったが岸の多彩な攻撃に流れを変えきれず、3-0で岸が判定勝利を勝ち取った。


富田琉生が勝利

▼OP第2試合 -50kg契約 1分2R
○富田琉生(TeamFreeStyle)
判定3-0 ※三者とも20-19
●瀧澤秀晴(TeamFIST)

 互いに遠い距離から踏み込んでのパンチ蹴りを狙う富田琉生と瀧澤秀晴。1Rは互角の印象があるも、2Rローからのパンチを多くヒットさせたことが好印象を得たか、判定は3者共に20-19で富田琉生が勝利した。


岩崎銀次郎が勝利

▼OP第1試合 -30kg契約 1分2R
○岩崎銀次郎(魁塾 中川道場)
判定3-0 ※三者とも20-19
●永野凱理(02GYM)

 開始から岩崎銀次郎が大きく踏み込んで先手を打っていく。永野凱理もガードからパンチを返していくが打ち切れない。2R、いい打ち合いになるもやはり岩崎が1枚上手か。三者共に20-19で岩崎が勝利した。

(写真・石本文子)

●編集部オススメ

・【DEEP KICK】進撃の祐基が-70kg次期挑戦者に決定、昼大会は本戦5試合オールKO決着=7.24大阪

・【DEEP KICK】大樹が初防衛に成功、KING龍蔵が57.5kg挑戦者T決勝進出

・【DEEP KICK】大前洸貴が-60kg次期挑戦者に決定、長谷川海翔とKAZUNORIが-53kg王座決定トーナメント決勝に進出

・【DEEP KICK】60回記念大会でKENTA、翔磨、塚本望夢が王座獲得、宮崎就斗は王座防衛

・魔裟斗が堀口恭司の金太郎にダウンを喫したシーン分析、カウンターで被弾した原因を解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧