TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】稲井良弥がKO勝利で初防衛、KING龍蔵と竹内皇貴が王座挑戦者に決定=9.25大阪

2022/09/29(木)UP

稲井良弥が初防衛に成功

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 63』

2022年9月25日(日)テクスピア大阪

▼メインイベント DEEP☆KICK-70kgタイトルマッチ 3分3R
〇稲井良弥(TARGET)
KO 3R 1分36秒
●進撃の祐基(京都亀岡キックボクシングジム)
※稲井が初防衛に成功

蹴りを放つ稲井良弥

 今年7月より開催されたDEEP☆KICK-70kg挑戦者決定トーナメントを勝ち進んできた進撃の祐基(京都亀岡キックボクシングジム)が、DEEP☆KICK-70kg第4代王者の稲井良弥(TARGET)との同年代同士でのタイトルマッチに挑んだ。

 稲井はDEEP☆KICK戦績4戦4勝4KOと全試合をKOで下しており、前王者とのタイトルマッチも1R KOで勝利し戴冠しているだけに初防衛戦となる今回も早々のKO勝利をも予想されていた。対する祐基は長身からのパンチ・膝を得意とするサウスポースタイルの強者、自身初のタイトルに向けて意気込みも十二分といった表情。

パンチを当てる稲井良弥

 1R、細かく前足に左右のローを入れながらパンチの連打に繋ぎたい稲井に対し距離を取りながら前蹴り・ハイキック・三日月蹴りを繰り出す祐基。リーチ差には祐基に分があるか、稲井も入りきれず得意の連打に繋げない。
 祐基は稲井の打ち終わりを狙い左ストレートを数度ヒットさせ会場から歓声を沸き上げると、稲井も左右のフックに加え組んでからの膝をヒットさせるなどこちらも対抗、1Rは互角の印象か。

 続く2R、距離に慣れてきたのか稲井はローに加え右ミドルを放ちながら距離を詰め左右のパンチをヒットさせていく。祐基もパンチ・ハイキックを返していくも稲井の出入りのスピードについていけずヒット数に差が出た印象。オープンジャッジでは3者共に20-19で稲井を支持。

初防衛を果たした稲井良弥(中央)

 3R、後がない祐基は左ストレートを中心に起死回生の一発を狙うも、踏み込みに合わされた左フックでダウンを喫してしまう。立ち上がった祐基に対し稲井は近距離での打ち合いを仕掛けると最後は再び入ってきたところに左フックを合わせダウンを奪う。
 何とか立ち上がりたい祐基だったが10カウントに間に合わず試合終了、稲井がKOで初防衛を飾った。

 試合後、稲井はマイクを握ると「5月に初めて負けて、キックボクシングに対する向き合い方が変わった。これからもっと強くなって中野選手にも近い将来やり返すので」と5月に初敗北を喫せられた中野椋太へのリベンジに向けて更なる飛躍をファンへと宣言した。

 これでプロ9戦8勝1敗、まだまだ止まらない徳島のホープに要注目だ。

▶次ページはDEEP☆KICK-57.5kg挑戦者決定トーナメントとDEEP☆KICK-65kg挑戦者決定トーナメントの決勝戦

●編集部オススメ

・【DEEP KICK】進撃の祐基が-70kg次期挑戦者に決定、昼大会は本戦5試合オールKO決着=7.24大阪

・【DEEP KICK】大樹が初防衛に成功、KING龍蔵が57.5kg挑戦者T決勝進出

・【DEEP KICK】大前洸貴が-60kg次期挑戦者に決定、長谷川海翔とKAZUNORIが-53kg王座決定トーナメント決勝に進出

・【DEEP KICK】60回記念大会でKENTA、翔磨、塚本望夢が王座獲得、宮崎就斗は王座防衛

・魔裟斗が堀口恭司の金太郎にダウンを喫したシーン分析、カウンターで被弾した原因を解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧