TOP > 試合結果

【相撲】朝青龍がアメフト日本代表に「相撲らしい相撲だった」

2018/01/01(月)UP

 2017年12月31日(日)、AbemaTVの大みそか特別企画、「朝青龍を押し出したら1000万円」が都内の同TVの特設スタジオで行われた。スタジオには本場所と同じ土俵を設営し、8人が次々に68代横綱・朝青龍に挑んだ。

土俵際で清家を寄り倒す朝青龍

 第6試合と第7試合の挑戦者は、アメフト日本代表男と、”野獣”ボブ・サップだ。

 第6試合、アメフト日本代表の清家拓也は身長178㎝、体重135㎏で朝青龍にも見劣りしない体格だ。そして、調印式の際、タックルマシンで清家のタックルのパワーをはかると、なんと197㎏。アメフト選手だったボブ・サップが103㎏で、清家はサップをはるかに上回る。元横綱・朝青龍にこのタックルが通じるか?

 そして試合では、清家がぶつかると、一瞬、朝青龍の体が揺れた。

 しかし朝青龍は左上手を取り、右手でまわしを取って、土俵際で寄り倒した。

 朝青龍は試合後、「当たってくるのを受けて、横綱相撲を取ろうとしたんですけど、(できて)よかったです。(今日)今までで一番相撲らしい相撲ですね。あと残り2番なんで、力を分けていくしかない」と、次のサップだけでなく、最後の琴光喜戦のために力を残すと語った。

●編集部オススメ

・【相撲】「チキン」と呼ばれ激怒、朝青龍がサップぶん投げ圧勝

・【相撲】朝青龍、柔道銀・泉の大外刈りを潰し勝利

・【相撲】朝青龍、琴光喜と名勝負の末、勝利。「これで本当に引退できた」

・【相撲】朝青龍、柔術家の指が目に入り「『この野郎!』と火がついた」

・【相撲】朝青龍、元京大アメフト部主将に下手投げで勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果