TOP > 試合結果

【BOM】名高&奥脇竜哉の高校生コンビが世界王座をそろって奪取

2018/04/08(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

トゥアントーン(左)の蹴りに合わせての右フックで、名高(右)がダウンを奪った

BOMプロモーション
「The Battle Of Muaythai 17」
2018年4月8日(日)東京・ディファ有明

▼第17試合 WBCムエタイ世界ミニフライ級王座決定戦 3分5R
○名高・エイワスポーツ(=吉成名高/エイワスポーツジム/前WMC世界ピン級王者)
判定3-0 ※50-45、49-46、50-44
●トゥアントーン・シンマニー(タイ)
※名高が新王座に就く。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 名高は小学生時代からアマチュアジュニア大会で数々のタイトルを獲得し、17冠王に輝いた実績を持つ“天才ムエタイ少年”。プロ転向後は、2017年4月にWMC世界ピン級王座を獲得。現在は高校2年生にして日本とタイを行き来し、ムエタイの殿堂であるラジャダムナンスタジアムを拠点として活躍している。

 これまでピン級で戦ってきたが、今回より階級を1つ上げてミニフライ級に転向するためWMC王座を返上。WBCムエタイの世界タイトルに照準を合わせ二階級制覇を狙う。

 1R、互いに前蹴りで牽制し合う中、サウスポーの名高は強い左ローを蹴り、トゥアントーンはさっそくヒジ打ちを放ってくる。しかし、トゥアントーンの右ミドルに右フックを合わせてダウンを奪う。

 立ち上がったトゥアントーンに左ストレート、顔面前蹴りで襲いかかる名高は、首相撲でトゥアントーンを豪快に投げる。トゥアントーンはその猛攻を凌ぎ前に出るが、それに合わせて名高が左ストレートをヒットさせ、2度目のダウンを奪う。名高が序盤からパンチで優位に立った。
 
 2R、逆転を狙ってどんどん前へ出てくるトゥアントーンに、名高はパンチとローで応戦。名高は首相撲の状態でヒザを連打し、さらにヒジも織り交ぜトゥアントーンを削っていく。
 
 3Rも前へ出てくるトゥアントーンにスピードで上回る名高が左ボディを突き刺す。さらにパンチとローのコンビネーションにヒジも織り交ぜ、トゥアントーンを後退させる。両足を蹴られるトゥアントーンは動きが止まってきた。
 
 4R、首相撲でヒザを当て、離れてはジャブとローでトゥアントーンを削る名高。しかし、トゥアントーンも前へ出てのパンチ、首相撲で名高を転倒させるなどムエタイ戦士の意地を見せる。
 
 5R、勝利を確信した名高は軽いジャブとローを当てて試合を流す。トゥアントーンも逆転はもう無理と悟って手を出さなくなり、そのまま試合終了。圧倒的な実力を見せ付けた名高の判定勝ちとなった。

 ムエタイの軽量級はタイ人が小柄なため層が厚くレベルが高いことから“神の階級”と呼ばれる。名高はその軽量級で、WBCムエタイ世界王座では日本人最軽量級での王座獲得という偉業を成し遂げた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


鋭角的なヒザ蹴りを突き刺す奥脇(左)

▼第16試合 WMC世界ピン級王座決定戦 3分5R
○奥脇竜哉(はまっこムエタイジム)
判定3-0 ※49-47、49-48、49-48
●イティリット・シックーデー(タイ)
※奥脇が新王座に就く。

※この試合の速報動画(3・4・5Rをノーカット)はこちら

 メインに出場した名高のWMC世界ピン級王座返上に伴い、奥脇が新王座決定戦に臨む。奥脇は現役高校生で、兄・一哉、姉・奈々を持つキックボクサー三兄姉。奥脇も中学校を卒業した後はタイと日本を行き来し、現在はラジャダムナンスタジアムを主戦場に連戦連勝を重ね、好調ぶりを見せている。タイでの試合をWMC本部が評価したことで今回の世界王座挑戦が決定した。

 1Rはミドルの蹴り合い。サウスポーのイティリットがプレッシャーを掛けていき、奥脇はローを返す。2R、イティリットのミドルに合わせて奥脇は軸足にロー。しかしイティリットは前進し左ミドルからの左ストレートをヒット。
 
 3Rになると両者一気にペースアップ。激しくミドルを蹴り合う。奥脇がプレッシャーを掛けてミドル、強いローも当てペースを握る。終盤には首相撲でイティリットを転倒させた。4R、距離が近付きパンチから首相撲に。互いに転倒させ合い、白熱した首相撲が続く中、奥脇の強いローが決まる。
 
 5R、イティリットがボディーストレートを当てミドルに繋げる。さらにパンチでアグレッシブに攻めていく。対する奥脇は前蹴りで距離を取り、近付くとパンチで迎え撃つ。終盤になると奥脇の攻撃が的確にヒットする場面が目立った。

 勝敗は判定にもつれ込み、奥脇が3-0の判定勝ち。見事、WMC世界ピン級王座のベルトを巻いた。

※この試合の速報動画(3・4・5Rをノーカット)はこちら

●編集部オススメ

・“天才少年”名高がWBCムエタイ世界戦

・10代の実力者同士がついに激突、山田航暉vs佐々木雄汰が決定

・沖縄の新鋭・仲山が激闘派チョークディーと大殊勲のドロー(試合動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果