TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】鈴木宙樹が王座初防衛で13連勝、老沼隆斗が激戦の末に延長戦を制す

2020/02/29(土)UP

強烈な拳を振るっていく鈴木(右)、初防衛に成功した

REBELSプロモーション
REBELS.64

2020229日(土)東京・後楽園ホール

メインイベント 第13試合 REBELS 60kg級タイトルマッチ 33R(延長1R) BLACKルール
◯鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺)
判定3-0  三者とも30-28
ピラオ・サンタナ(ブラジル/チームサンタナ)
※鈴木が初防衛に成功

 鈴木はレベルスきっての倒し屋として名を上げ、現在デビュー以来12連勝(8KO)と無敗街道を爆進中。昨年8月の試合で拳を痛めて休養期間に入っていたが、現在7割程度まで回復したため今大会で復帰戦を行うこととなった。

 サンタナはオランダの名門・メジロジムで腕を磨いたラフファイター。その風貌とアグレッシブなファイトスタイルから小型シウバの異名を持つ。2017年にREBELSのリングに上がり、後の王者であるスアレック・ルークカムイ、良太郎に敗北したものの、豪快に強振する左右のフックは最後まで一発逆転の期待を持たせた。

 1R、鈴木が右ミドルを走らせると、サンタナもサウスポーに構えて左ミドルを返す。鈴木は飛びヒザを繰り出して、サンタナの振り回すパンチをしっかりガード。終盤にカウンターの右のコンパクトなフックを打ち抜いてサンタナが倒れたが、これはダウンならず。

 2R、序盤から鈴木は徹底して右ローを当てる。サンタナは回転蹴りを2度繰り出して、豪快なパンチを振り回す。鈴木は左ジャブで牽制して、右ストレートを当てるがサンタナも耐える。終盤には、手数を出していくサンタナだが鈴木のディフェンスが冴えてヒットを奪うことができない。

 3R、手数を止めないサンタナは左右のフックを振り回す。鈴木は相手をよく見て右ミドルを返す。サンタナは後ろ蹴りを見せて、会場を沸かせるが鈴木のパンチが随所で的確にヒット。鈴木は飛びヒザも放ち主導権をキープ。サンタナは大きなダメージこそ感じさせないが、鈴木の近距離でのヒザや左フックを被弾してしまう場面が目立つ。終盤までペースを握った鈴木が王座を防衛した。

▶次のページは、セミの老沼隆斗vs白幡裕星

●編集部オススメ

・鈴木宙樹に挑む南米の豪腕サンタナが筋肉隆々で計量パス「本当の戦争見せる」=前日計量

・55.5kgトーナメント1回戦で関西対決に臨むタネヨシホが計量パス、先輩KING強介を1RKO宣言=前日計量

・新型コロナウイルスの影響で新たな格闘技大会の中止、延期情報

・タネヨシホが階級を上げ復活、10kgの減量苦で戦ってきた過酷さ語る

・青山ひかる&“グラビア界の問題児”らラウンドガール4名が登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧