TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】王者・老沼隆斗が接戦を制す、栗秋祥梧がダウサコンの首相撲に完敗

2020/12/06(日)UP

接戦をモノにした老沼(右)

REBELSプロモーション
『REBELS.68』
2020年12月6日(日)東京・後楽園ホール ※昼興行

▼メインイベント(第8試合)52.0kg契約3分3R延長1R(REDルール)
◯老沼隆斗(STRUGGLE/REBELS REDスーパーフライ級王者)
延長判定 3-0 ※三者とも10-9
●心直(REON Fighting Sports Gym)
※本戦判定は30-28、29-29×2

 老沼は空手ベースから生み出される多彩な蹴り技を得意とするREBELS-REDスーパーフライ級王者。今年2月のレベルスでは白幡裕星と年間最高試合の呼び声も高い激闘を見せ、また同9月のKNOCK OUTでは清志を上段後ろ回し蹴り一撃でKOする快勝。波に乗る中で難敵・心直を迎える。

 対する心直は日本屈指のテクニシャン・健太の愛弟子。長らく勝ち負けを繰り返す苦難のキャリアを歩んでいたが、今年9月には泰史との一戦に技術で競り勝ち、存在感を示した。今回は、現役王者からの勝利を狙う。

右バックブローを放つ老沼(左)

 1R、老沼が左右のローを蹴る。老沼の右ハイキックに対して、心直はすぐ様に左ローをリターン。中盤以降は、両者とも左右ミドルを蹴り合う。心直は、老沼の右ストレートに、右フックを合わせる。まだ均衡状態だ。

 2R、老沼が飛び込むようにして右ミドルを放つ。老沼の空振りを見た心直は、左ローを必ず蹴り返す。中盤には、老沼のパンチに心直が、的確に左ストレートのカウンターをヒットさせる。

 3R、老沼が右ハイキック、ミドルと積極的に前に出ていく。心直は、左前蹴りで老沼を突き放し、左ローを蹴り込む。カウンターの左ストレートを放つ心直。ジャッジは1者が老沼を支持したが、2者はドローの裁定で延長戦へ突入する。

 延長R、老沼が鋭い右ミドルを放ち、前に出る。迎え撃つ心直は左ローを強打。終盤になるも、老沼は手数を落とさず右ロー、そして右バックブロー、組んだ後の左ヒジと積極的に攻める。心直がセンチャイキックを放ったところで終了のゴング。ジャッジ3者は、最後までアグレッシブに攻めた老沼を支持。老沼の延長判定勝利となった。

●編集部オススメ

・川島えりさが再デビュー戦へ計量パス「思いきりぶつかる」と熱戦誓う=12.6昼

・【12.6夜】計量パスの松倉信太郎「キレイに倒すのが理想」鍵はT-98の首相撲対策か

・【RIZIN】朝倉未来“挑発”の元K-1戦士・平本蓮「MMA選手は打撃が下手」大晦日へ気炎

・【12.6夜】K-1創始者・石井和義氏&ぱんちゃん璃奈がPPV放送ゲスト解説に決定

・【レベルス】ゴルフで280ヤード飛ばすパワー! 注目の女子大生キックボクサー山上都乃「打ち合って盛り上げる」=12.6後楽園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧