TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】フレッシュマン1DAYトーナメントは塚本望夢が優勝=9.23大阪

2021/09/28(火)UP

メインイベントはフレッシュマン1DAYトーナメント決勝戦

DEEP☆KICK実行委員会
『DEEP☆KICK 55』
9月23日(木・祝)テクスピア大阪

塚本望夢が判定勝利

▼メインイベント DEEP☆KICK-51kg フレッシュマン1DAYトーナメント決勝 2分3R延長1R
〇塚本望夢(teamBonds)
判定3-0 ※29-27×2、30-27
●斗哉 (昇龍會)

斗哉 の蹴りが伸びる

 第1試合で勝利した塚本と第2試合で勝利した斗哉が「STYLE高等学院presents DEEP☆KICK -51kg フレッシュマン1DAYトーナメント」決勝で激突。7月のDEEP☆KICK52ではお互いデビュー戦で対戦し、塚本が勝利している。

 1R、前蹴りから左ボディ、右フックと攻めていく塚本に斗哉はヒザや右ストレートで応戦するが、塚本の攻めは止まらず、さらに強烈な左ボディを決めると、右のスーパーマン・パンチでダウンを奪う。

パンチを振るう塚本

 2Rには巻き返したい斗哉がパンチで出て、右ストレートで塚本が尻餅をつく場面も。塚本はヒザや右フックで応戦。ここで再三のアナウンスにもかかわらず観客席から声を出しての応援が止まらないため、試合が一時中断。「止まらない場合は中断の可能性も」ともアナウンスされていたが、実際にされるのはこれが初めて。再度運営からの注意が呼びかけられて試合再開。塚本は跳びヒザを見せ、斗哉はステップを使う塚本を追っていくが、塚本はフックで応戦。2R終了時点でのジャッジは20-17、20-18、19-18で塚本優勢。

 3Rも斗哉の蹴りに距離を取って応戦する塚本のパンチという展開。斗哉は二段蹴りやミドルで活路を見出そうとしていくが、塚本は左フックや右ハイを見せる。判定は29-27、29-27、30-27の3-0で塚本に。塚本はリターンマッチを制して1DAYトーナメントに優勝するとともに、11月に行われるDEEP☆KICK -51kg 初代王座決定トーナメントの出場権を掴んだ。
  塚本は「次は11月の王座決定トーナメント準決勝だと思うので、もっと練習して強くなって、盛り上げられるように頑張るので、応援よろしくお願いします」というマイクで締めた。


▼セミファイナル 長島☆自演乙☆雄一郎引退エキシビションマッチ 2分3R
―長島☆自演乙☆雄一郎(02GYM/魁塾)
勝敗なし
―麻原将平(パウンドフォーパウンド)・左右田泰臣(LIBERTAD)・中村優作(フリー)

※セミファイナル・長島☆自演乙☆雄一郎 引退エキシビションマッチのレポート&写真はこちら


▶次ページは長谷川英翔vs堅神、SHINvsREN、小玉義基vs吉田亮汰朗

●編集部オススメ

・【DEEP KICK】“コスプレファイター”長島☆自演乙☆雄一郎の引退エキシビションマッチ、寺山遼冴が防衛戦=9.23大阪

・【K-1MAX】コスプレ長島が涙の初優勝!激闘続きの日本トーナメントを制す

・特別編 青木真也をKOした、長島☆自演乙☆雄一郎のヒザ蹴り大解剖

・【DEEP KICK】大樹が岩郷泰成に判定勝利、-60kg新王者に

・【DEEP KICK】70㎏級初戦の稲井良弥が慎太郎にTKO勝ち、王座挑戦へ前進

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧