TOP > ニュース

【武林風】Krushで活躍の朝久裕貴が世界トーナメント出場

2017/05/03(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

Krushで活躍する朝久裕貴

 5月6日(土・現地時間)中国・河南省鄭州市の河南テレビ第8スタジオ特設リングで開催される『2017 WLF武林風世界カンフー王者 -60kg級トーナメント』の決勝トーナメントに、Krushで活躍する朝久兄弟の兄・裕貴(朝久道場)が出場する(弟は朝久泰央)。

 裕貴は空手仕込みの蹴り技を得意とし、3月に同所で行われた4選手参加のBブロック代表決定ワンデートーナメントに出場。見事2連勝を飾ってBブロック代表となった。今回の決勝トーナメントでは、A~Dブロック勝者参加の4選手トーナメントで王座が争われ、決勝トーナメント優勝者には「2017 WLF武林風世界カンフー王者 -60kg級王者」としてチャンピオンベルトが贈られる。

蹴り技を得意とする朝久

 また、過去「K-1 WORLD GP」に参戦経験のある、ハビエル・エルナンデス(スペイン)も別ブロックの代表として決勝トーナメントに出場。裕貴とは決勝戦で対戦する可能性がある。

●編集部オススメ記事
・中国・武林風との8対8対抗戦が決まる
・昨年の大みそか、山本KIDを相手に一夜限り復活した魔裟斗 

「2017 WLF武林風世界カンフー王者 -60kg級トーナメント」
2017年5月6日(土・現地時間)中国・河南テレビ第8スタジオ
協力:チャイニーズ・ファイティング・プロモーション(CFP)

<決勝トーナメント出場選手>
Ncedo Gomba(南アフリカ)
ワン・ジュンユー(中国)
ハビエル・エルナンデス(スペイン)
朝久裕貴(朝久道場)

決勝トーナメント組合せ:
第1試合 Ncedovs朝久
第2試合 ワンvsエルナンデス
決勝戦 第1試合の勝者 vs 第2試合の勝者

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース