TOP > ニュース

【UFC】ジョン・ジョーンズ王座剥奪か、またもドーピング疑惑

2017/08/23(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

7月29日、コーミエを破って約2年ぶりにUFCライトヘビー級王座返り咲きを果たしたジョーンズだが…

 UFCライトヘビー級王者に返り咲いたばかりのジョン・ジョーンズ(アメリカ)が、またもドーピング疑惑。世界中の格闘技ファンに衝撃が走った。

 8月22日(米・太平洋標準時刻)午後5時過ぎに、米のスポーツメディア『TMZスポーツ』が、ジョーンズのドーピング検査で筋肉増強剤「トゥリナボル」が検出されたという情報を得た、と報じた。

 その後、UFCも公式ホームページで「アメリカ時間22日(火)、米アンチ・ドーピング機構(USADA)より、現地時間2017年7月28日(金)に行った計量後の競技外検査で採取したサンプルからジョーンズに潜在的なアンチ・ドーピング規則違反が確認された旨の通知を受けた」と発表。

コーミエをハイキックからのパウンドでKOしたジョーンズ

 ジョーンズは7月29日にカリフォルニア州アナハイムで開催された『UFC 214』でライトヘビー級王者ダニエル・コーミエに挑み、3Rにハイキックからパウンドを叩き込んでコーミエをKOし、ライトヘビー級王座に返り咲いていた。しかし、この王座は剥奪される可能性がある。

 ジョーンズのドーピング疑惑は、これが初めてではない。昨年7月9日の『UFC 200』で、当時暫定王者だったジョーンズは、正王者コーミエと王座統一戦を行う予定だった。だが6月16日に行われたUSADAによる検査の結果、ドーピングの可能性があるとして、試合3日前の7月6日に出場が取りやめとなり、その後1年間の出場停止処分が下された。

 ジョーンズはドーピング違反以外に、自動車での当て逃げ事件など何度も不祥事を起こし、2015年4月に王座を剥奪されている。

 ジョーンズのマネージャー、マルキ・カワは以下の声明を発表している。

「私たちは驚きで言葉を失っています。ジョン本人と、彼のコーチや栄養士たちなどチーム全員が、過去12カ月間、このような事態にならないように懸命に、かつ細心の注意を払って努力してきたのです。私たちはサンプルをもう一度検査してもらい、それが正しいのか、あるいは何かが混入したのか、はっきりさせてもらうつもりです。ジョンは今回のニュースを聞いて、打ちひしがれています。私たちは、チームとしてできることを全てやり、彼をサポートしていきます」

 はたして、潔白は証明されるのか。疑惑が覆らなければ、今回で2度目の違反となるため、2年間の出場停止処分となる可能性もある。

●編集部オススメ記事
・ジョーンズがコーミエにKO勝ち、王座返り咲き果たす
・【コラム】ジョン・ジョーンズがレスナーを挑発、ミオシッチ激怒

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック