TOP > ニュース

【KNOCK OUT】両国大会参戦の勝次「一回戦、準決勝を越えるような試合を見せる」

2017/09/08(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

12月両国大会参戦が決定した(左から)江幡塁、勝次、不可思

 12月10日(日)東京・両国国技館で開催される『KING OF KNOCK OUT 2017 両国国技館』の記者会見が9月8日(金)都内にて行われた。

 今大会に新日本キックライト級王者・勝次(藤本ジム)、REBELS- MUAYTHAIスーパーライト級&RISEライト級王者・不可思(クロスポイント吉祥寺)の二選手の参戦が決定。

 勝次はKING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメントにエントリーし、6月の一回戦で不可思、準決勝で前口太尊をいずれもKO勝ちで今大会で行われる決勝戦行きを決めた。

 10月5日の後楽園大会の森井洋介vs町田光の勝者とベルトを懸けて対戦することが決定している勝次は「当日、会場に行きます。まだ相手が決まっていませんが実力では森井選手の方が上。町田選手は人生を懸けるというのでその人生も見てみたい」と森井の勝ち上がりを予想。

 そして「自分自身、色んな夢を持って東京に出てきて、最初は勝てない時期や引き分けの時期もあって“分け次”と言われた時期もありました。勝ち星も増えて応援団も増えてやっとここまで来れたので、今回は応援してくれる方の気持ちを背負って勝ちにいきます。一回戦、準決勝を越えるような試合を見せたい」と激闘を予告した。

 また、不可思は「両国国技館という大きな会場に出られることになり、たくさんの人に見てもらえるのでワクワクしています。初めて観に来るお客さんにキックボクシングは面白い、不可思はやばいと思わせられる試合をしたい」とコメント。

 今大会で対戦したい相手について聞かれると、元UFCファイター・金原正徳の名前を挙げ、「お客さんが面白いと思ってくれるカードならばぜひやってみたい」とアピールした。

●編集部おススメ記事
勝次が不可思をヒジ葬で死闘を制す
勝次がまたもダウン応酬の大激闘の末にKO勝ち

【大会・チケット情報】 12・10 キックスロード「KNOCK OUT 2017 in 両国」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック